マインドフルネス瞑想講座を11/4開催

この記事読めばわかります!テレワークに活用できるモバイルWi-Fi

急なテレワーク、自宅で会社と同じように仕事をするとなると、絶対に必要になるのがネット回線です。

まさか自分がテレワークだなんて。しかもオンライン会議だったりなにかとデータ通信が必要なのに、会社からWi-Fiの支給が無いってどういうこと??

デスクやチェア、キーボードなど、買ってきてすぐに使えるものと違って、自分で用意するとなると回線て何を選べばいいの?

とにかく自宅に。いますぐ。自分でネット環境を用意するしかないけどWi-Fiかな?と不安に思ってる方が割と多そうなのですが、安心してください。

この記事では

  • テレワークでストレスなく活用できるネット回線はWi-Fiでいい?
  • 後悔しないよう選ぶための比較のポイントは?
  • 短期間で契約できるサービスはあるの?

といった、急いで自宅にネット回線が必要なのに、サービス選びで苦戦中の方にぴったりの「テレワークに活用できるモバイルWi-Fi選びのポイント」について、読めば染み込むように理解できるよう解説していきます。

タップできる目次

自宅でギガが必要になっている人の解決方法

「そもそも在宅勤務で仕事のために必要なネット環境を自分が整えるなんて納得いかない」ですよね。

【MMD研究所】在宅勤務における「自宅のインターネット通信回線の実態調査」(※)によると、自宅でネット回線を利用していると回答した人のうち、テレワークのために新たに契約もしくはプラン変更したり、変更する予定の人が3割近くもいることがわかります。

つまり、3割近くの人は自力で自宅でギガ必要問題を自身で解決しているということ。

ネット環境下での作業効率を左右する「回線スピード」を最重要視するなら、ご存じのとおり第一選択肢は光回線になるため同調査の回答内訳で見ても光回線のシェアは高いのですが、工事が必要だったり契約的に回線契約とセットだったりと「導入が面倒で時間かかること」がデメリットとして認識されていました。

※調査対象:新型コロナウイルスの影響で在宅勤務をしていて、固定回線(光回線)、ホームルーター、モバイルルーターを利用している全国20歳~69歳のビジネスパーソン各500人の1,500人

自宅内にテレワークに耐えられるネット回線を早期導入する場合は、光回線は選択肢から外したほうが早期解決につながりそうです。

モバイルWi-Fiなら工事不要!すぐ利用可能!

テレワークに活用するための自宅のネット回線が必要で、すぐに使いたいからこそ選ぶなら「モバイルWi-Fi」がオススメです。理由はズバリ面倒事が少ないこと!

モバイルWi-Fiとは:
インターネットなどのネットワークを利用するために、モバイルルーター=携帯性のある(モバイル)小さなルーター(※1)に自分が使う端末(PCやスマホ)をWi-Fi(※2)という種類の無線ネットワークで接続して利用する仕組み・手法を端的に便利に指す造語です。
※1=データの中継装置 ※2=無線の形式名

光回線などのようにプロバイダとの契約が不要なため、

  • 面倒な工事不要!
  • 回線契約不要!
  • 長期契約不要!

と、3つの大きな面倒事が不要なのがモバイルWi-Fiサービス。

つまり

  • 面倒な工事不要で日程調整や確認事項が少なくてすむ!
  • 回線契約不要で費用面でも助かる!
  • 長期契約不要で短期間だけのニーズにも対応できそう!

なのがモバイルWi-Fiのメリット、と言えそうです。

モバイルWi-Fiなら自宅に届いた端末を設定するだけ、電源を入れるだけですぐにネット回線を利用できるようになります。

利用場所の住所に契約が紐づかないため、急な引っ越しで忙しい時に移転手続きにわずらわされたり移転先ですぐにネットを使えなかったりと言ったデメリットもありません。

テレワーク期間中だけ、など長期間の契約が必要無い場合でも気軽に契約できるプランがみつかるのもモバイルWi-Fiサービスならではのメリットです。

こんな人にはこのタイプ!オススメのWi-Fiはコレ!

年々サービス提供会社、端末のモデルともに増え続けている結果として、選択肢の幅が広がるのはユーザーとしても選びがいがあるところなのですが、各プランを比較する際のポイントがわかりにくくなっているのも事実です。

実際の比較例があった方がイメージがブレないので、特徴的なプランを例にオススメを紹介してみます。

月額契約期間端末料金初回
事務手数料
解約手数料保障オプション
端末補償料金
WiMAX
(WiMAX HOME 02)
3,880円(ギガ放題プラン)2年、自動更新15,000円3,000円1,000円380/月
それが大事Wi-Fi3,250円(
100GB保証プラン
初月、退会月の日割なし)
2年、自動更新実質無料3,000円解約月以外4,500円(2020年8月~)+
機器代金残額清算
400円/月
最安値保証Wi-Fi 3,280円~
申込初回は初月分の日割り料金
縛りなし
最低1カ月、解約月は月額支払必要
無料0円0円500円/月
おすすめのWi-Fi 基本情報(執筆時点での公式サイト情報を参照)

回線の「スピード+安定性」を重視するなら、ホームタイプのルーターを選ぼう!

おすすめのホームルータ―はUQ WiMAXの「WiMAX HOME 02」

家電量販店内などに実店舗を増やして大手キャリア並みの存在感を日に日に増しているUQ WiMAX。

申し込みは実店舗の他、UQ WiMAX オンラインショップ上で気に入ったWi-Fiルーターと料金プランを選択し即時の申し込みももちろん可能です。

契約完了後は自宅ですぐに利用開始できるのがモバイルWi-Fiの一番便利なところなのですが、Wi-Fiの屋内利用はルーターの設置場所やルーターの性能によっては、接続が不安定になりがち。

たとえばテレワーク中のZOOMを利用したオンライン会議中、自分だけ音が途切れたり画面がザラついたり目立ってしまうトラブルは避けたいところ。
無線接続で配線を気にせず自宅内のルーターにアクセスできるメリットも魅力ですが、回線の安定性においては、利用するPCとルーターを直接ケーブルで接続する方法がより安定した接続を確保できます。

その点WiMAX HOME 02(※)は高性能アンテナ搭載で、上りも下りもハイスピードで通信可能なうえケーブル接続もできるホームタイプ仕様。

回線スピード+接続の安定性が気になる方におすすめです。

※端末は買取りにて利用となります。

「カバーエリアの広さ」を重視するなら、複数キャリア自動接続のWi-Fiプランを選ぼう!

おすすめは「それがだいじWi-Fi」の100GB保証プラン

使用地点により「NTTドコモ」「ソフトバンク」「KDDI」の国内大手3キャリアの中から最適回線に自動接続する「国内トリプルキャリア自動接続」という回線接続形態を採用しているのが「それがだいじWi-Fi」です。

移動で回線の入り具合を気にするストレスからの解放、いつでもどこでも繋がる安心感を持って利用できる端末を持つことは、モバイルWi-Fiを携帯利用すること本来のメリットでもあります。

「それがだいじWi-Fi」ならエリアは国内のみならず海外もカバーしており、初回申し込み時に「500MB/日タイプ」 or 「1GB/日タイプ」のどちらかを選択しておけば、世界134の国や地域にて使った日だけ・使用時のみ請求される形式でデータ通信を利用できます(※1)。

つまり、契約期間やデータ量だけでなく使用するエリアにも縛られたくない、と考えている人にも嬉しいプラン設計なのが「それがだいじWi-Fi」の100GB保証プラン(※2)です。

※1:海外でも電源を入れるだけでデータ通信可能でちょっと目を引く端末「U2s」を実質無料で買い取っての利用となる

※2:2020年8月~提供開始。

「利用料の安さ」を重視するなら最安値保証のWi-Fiサービスを選ぼう!

おすすめは「最安値保証Wi-Fi」

  • 契約期間の縛りナシ
  • 契約時と解約時の手数用ナシ
  • ソフトバンクの回線利用で3日制限もナシ

と、ユーザーにとっては嬉しい「ナシ」づくしなのが「最安値保証WiFi」。

「最安値保証」が目を引くので公式サイトの記載を引用します。

2020年2月1日時点で、Google/Yahoo!の検索結果において、「モバイル wifi」と検索した際の検索結果上位10件に含まれるすべてのモバイルWi-Fi商品と比較し、契約事務手数料なし、解約事務手数料なし、契約期間縛りなしのモバイルWiFiの中で、月額料金が最安値であることを保証いたします。※一定期間まとめての契約で月額料金が割引になるモバイルWiFiは、実質的に契約期間を縛っているため対象外となります。 ※別サービスとのセット売りによって割引が適用されるモバイルWiFiは対象外となります。 ※平均1日3GB未満で速度制限がかかるなど、通信可能量が少ないモバイルWiFiは対象外となります。

引用元:最安値保証WiFi

端末については「Speed Wi-Fi NEXT04」「JT-101」「TP Archer M7200」のいずれかを利用(※)することになるのですが、事前に希望を提示することは可能ながら、100パーセント希望通が通るわけではないのは残念なところ。

自宅に届いてから自分が利用する端末がわかるシステムのため、もしも自分が希望する端末が届かなかったら契約を希望しない、という方は事前にサポートにその旨意思表示しておきましょう。

※端末はレンタルなので端末料金も発生しません。

シンプルな契約内容にすることでトータルの利用コストをしっかりおさえているのが「最安値保証WiFi」です。

しっかりおさえたい モバイルWi-Fi選びで外せない5つのチェックポイント

具体例を紹介し終えたたところで、賢く選ぶために外せないチェックポイントを5つに絞って紹介します。

  1. 契約期間 解約しやすさ—長期間は必要ないなら、契約期間の縛りはどうか?
  2. 故障に備える保証オプション—月額だけでなく内容はどうか?
  3. 月額費用以外の手数料—実は見落としがちな手数料はないか?
  4. 使用回線と端末—カバーエリア、回線スピードなど、既存ユーザーの満足度や口コミはどうか?
  5. 繋がる?繋がらない?—WiMAXの場合は、事前にTryWiMAXを試した方がいいのか?
    ※WiMAXの場合は周辺の建物に遮蔽されるなどで回線がつながりにくい場合があります。

特に解約時の手数料やアクシデントが起こった場合などに発生する「月額費用以外の手数料」は、契約時には気づきにくい点ながら実際には費用面の大きな差を生む要因となるため、プランを比較する上ではずせない重要なポイントです。

  • 解約時に手数料がかかった
  • 故障や紛失で違約金がかかった
  • 移動先で繋がりにくかったり、スピードがいまいちだった
  • 自宅内では電波が弱すぎて使えなかった。。

など、後で「失敗した!」と思うことがないよう、各公式サイトに掲載されている情報は、読み飛ばしがちなところにユーザーにとって大事なことが記載されていることを肝に銘じて、小さい文字で書かれている情報も丁寧に確認しましょう。

最新情報は公式サイトでチェック!

実はこの記事でおすすめモバイルWi-Fiとして紹介を考えていたうちの1つが、端末在庫切れを理由に新規サービス申し込みを一時的に停止すると、緊急アナウンスが掲示されて紹介できなくなってしまうというアクシデントも……。

モバイルWi-Fi端末は、テレワーク需要が高まったと同時に枯渇しだしたテレワークアイテムでもあるので、プラン内容やキャンペーン内容もちょっと日を置いた隙に変更になっている可能性があります。

気になるサービスの最新情報は各公式サイトでしっかりと確認しましょう。

今日オススメした各サービスの公式サイト

「自分がどんな使い方をしたいのか?」を絞り込んで、テレワークで活用できる「自分にぴったりのモバイルWi-Fiサービス」にたどりつくきっかけを是非つかんでください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

- 品川・北品川のコワーキングスペース -

屋内にありながら明るい屋外テラスの内装をイメージして作りました。

緑にあふれる落ち着いた空間で仕事してみませんか?

この記事を書いた人

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる