ワークレッグ付きのテーブルや全身ミラーなどを追加しました

2022年1月のご利用分から、新たにスタジオ小物が追加になりました。

タップできる目次

新たに追加された小物

ワークレッグ付きテーブル

天板サイズ:幅150×奥行き80×高さ4cm
脚サイズ:幅67×奥行き15×高さ70cm(閉じたとき)

脚部分を畳むことができ、天板を乗せるだけの作業台です。
ネジなどで固定することはできませんが、備品のパーマセルテープや養生テープをご使用いただくことで、多少安定させることができます。

既にダイニングテーブルを撮影に使用している際に、こちらの台にケータリングや荷物を置いたり、ダイニングテーブルと一緒に撮影にご利用いただくこともできます。

実は、天板はリバーシブルになっています。
おもて面は明るめのオーク系ベージュ、うら面は無地のホワイトになっています。
天然木ではありませんが、撮影の背景や台などにもご利用いただけます。

木製フレームの全身ミラー

サイズ:幅90×奥行き3×高さ180cm

古材をフレームに使用した、こなれ感のある全身ミラーが追加されました。

衣装チェックはもちろんのこと、スマホでの自撮りに活用することもできます。

ガラスミラーを用いているため、非常に重いです。
今設置してある位置からなるべく移動は避けてください。

ハイスツール

本体サイズ:幅28.5×奥行き28.5×高さ47〜70cm(調節可)
座面サイズ:直径27cm

スタジオ内では、観葉植物の鉢を乗せていますが、鉢を退かしてハイスツールにお座りいただくことができます。

身長の高いモデルさんに座っていただくとちょうど良いサイズ感です。

当スタジオの窓は高さ180cmと50年前のままのため、高身長の方はなるべくスツールを活用いただくと顔まわりにも自然光が当たるかと思います。

2021年に廃止したもの

ベッド側の小型エアコンを撤去

自然光での撮影時に、南西側の白壁をお使いいただくケースが多いのですが、どうしても上にかかってしまうエアコンが邪魔とのご意見がありました。

オーナーが検証したところ、確かに上部に見切れてしまうことが多かったため、撤去いたしました。

以上となります。

当スタジオでは、お客様からの使用感などのご意見・感想をいつでもお待ちしております。

当社では、インテリア小物の物撮りや商品説明の動画撮影で使用するのみですので、別ジャンルである、ファッションECやインタビュー、広告スチールなどでご利用いただいたお客様からのご意見を募集しております。

さまざまな用途のご意見を集約して、今後のスタジオ運営に反映できればと考えております。
お気軽にご意見をお寄せください。(問い合わせページからお願いいたします)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「大井町駅」から徒歩9分、京急線「青物横丁駅」から徒歩7分の撮影スタジオ(ハウススタジオ)です。横幅7mの白壁、完全南向きの自然光、モルタル調の床、ラスティックモダンなインテリアを揃えたシンプルで無駄のない空間を実現しています。人物撮影やファッション・小物の物撮り等に利用いただいています。

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる