営業時間変更のお知らせ

作業用BGMにおすすめな定額音楽配信サービス3選

本記事では作業用BGMにおすすめな音楽配信サービスについてお伝えします。

本記事の内容は以下のような人におすすめです。

  • 作業用BGMにおすすめな音楽配信サービスが知りたい
  • 定額音楽配信サービスを選ぶときのポイントが知りたい
  • 定額音楽配信サービス別の特徴が知りたい

私自身も、作業用BGM選ぶときに以下で迷いました。

  • どの定額音楽配信サービスを選ぶべきか
  • 音楽配信サービスの選び方や選ぶ基準

定額配信サービスにはサービスごとの特徴がありますので、自分にマッチした音楽配信サービスを選ぶ必要があります。

本記事を読めば、どの定額音楽配信サービスを選ぶべきか、どうやってサービスを選べばよいかを、理解することができます。

タップできる目次
レイテラス(Ray Terrace)
コワーキングスペース
「品川駅」から徒歩10分、京急線「北品川駅」から徒歩3分のコワーキングスペース・貸し会議室です。都会の木陰で高めあうシゴト時間に活用ください。

音楽配信サービスとは?

「音楽配信サービス」とはインターネットを介して音楽データを配信するサービスやシステムのことです。

音楽配信サービスは大きく3種類に分けられます。順に説明します。

  1. サブスクリプションサービス
  2. ダウンロード購入
  3. 音楽共有サービス

1つ目の「サブスクリプションサービス」は定額制の音楽配信サービスです。

月額や年額の定額料金を支払うことで、サービス内で配信されている楽曲が聞き放題になります。

Amazon MusicやSpotifyが代表例です。

2つ目の「ダウンロード購入」です。

楽曲やアルバムごとに料金を支払うことで、データをダウンロードするサービスです。

iTunes StoreやAmazon Musicが良く知られているサービスです。

最後に、「音楽共有サービス」です。

レーベルや配信業者を通すことなく、音楽を共有できるため、プロだけでなくアマチュアの音楽も広く視聴できます。

YoutubeやSoundCloudなどが代表的な事例になります。

定額音楽配信サービスの選び方

音楽配信サービスの中出も、作業用BGMにおすすめな、「定額音楽配信サービスの選び方」について紹介します。

選び方は大きく3つあります。順に説明します。

  1. 定額利用料金
  2. 機能面
  3. 曲数と得意ジャンル

定額利用料金

定額音楽配信サービスの場合、定額利用料金でサービスを選びます。

主要サービスは月額1000円弱で並んでいるのが特徴です。

料金設定の中には無料・学割プランや、ファミリープランなどお得なコースもあります。

自分の利用スタイルに合った料金プランを選びましょう。

機能面

次に音楽配信サービスを機能面で選びます。

機能面には大きく3つあります。順に説明します。

  1. プレイリスト
  2. ダウンロード機能
  3. 無料トライアル

プレイリスト

プレイリストは、音楽や音楽を再生する順番をリスト化したものです。

音楽配信サービスを利用するうえでは非常に重要になります。

例えばヒットチャートやジャンル別の音楽などです。

なぜなら、お気に入りの曲だけをリピートできるプレイリスト機能がないと、毎回自分の聞きたい曲を探したり、再生するのに時間がかかるからです。

自分の聞きたい曲がまとまっていないと、不便なので必ず確認しましょう。

ダウンロード機能

ダウンロード機能も必ず確認しましょう。

なぜなら、ダウンロードをしていないとオフラインで曲が効けない音楽サービスもあるからです。

そのため、ダウンロード機能があるか、ダウンロード無しでも曲が聞けるかは必ず確認しましょう。

無料トライアル

無料トライアルの期間も確認しましょう。

基本的に全ての本記事で紹介する音楽配信サービスには無料トライアル機能が付いています。

3日間~90日間の無料お試し期間があるため、実際に使ってみて自分にとって使いやすい音楽サービスを選びましょう

曲数と得意ジャンル

最後に曲数と収録音楽ジャンルで、選びます。

なぜなら、同じ定額料金を支払うのであれば、多くの曲を聞けた方が得だからです。

一方で、各音楽配信サービスによって配信する音楽に特徴があります。理由は、サービスが発症した国が違うからです。

例えばスウェーデンの企業である「Spotify」の場合、圧倒的に洋楽が多いのが特徴です。

自分が普段どのような曲を聞きたいかに合わせて、音楽配信サービスを選ぶのもおすすめです。

作業用BGMにおすすめな音楽配信サービス3選

作業用BGMにおすすめな音楽配信サービスを紹介します。

おすすめの作業用BGMは大きく3つあります。順に説明していきます。

  1. Apple Music
  2. Amazon Music Unlimited
  3. Spotify

Apple Music

Apple MusicはAppleの音楽定額配信サービスです。

6000万曲を広告なしでストリーミング・ダウンロードが可能です。

あなたがよく聴いている曲をもとに作られるプレイリストを、気分に合わせて選ぶこともできます。

その他にも歌詞を見ながら、音楽を聴いたり、先の価値にタップ一つで飛ぶことも可能です。

Siriにリクエストを要求すれば音楽を流してくれるのも便利です。

  • 月額料金:980円、学生480円、ファミリー1480円
  • 無料お試し期間:3か月間
  • 楽曲数:6000万曲
  • ブラウザ版(PCでの利用):〇
  • オフライン再生:〇
  • 歌詞表示機能:〇
  • 運営会社:Apple

Amazon Music Unlimited

Amazon Music UnlimitedはAmazonが運営する定額音楽配信サービスです。

6500万曲が聞き放題であり、月額980円ですが、AmazonPrime会員の場合780円で利用できます。

Amazonプライム会員に加入しているのであれば、特別な理由がない限りは、「Prime Music」「Amazon Music Unlimited」を使えば間違いありません。

また「Prime Music」はAmazonプライム会員の特典で、追加料金なしで利用が可能です。

曲が200万曲と少なめですが、まずはPrimeMusicから試してみるのがおすすめです。

  • 月額料金:980円(プライム会員780円)、ファミリー1480円
  • 無料お試し期間:30日間
  • 楽曲数:6500万曲以上
  • ブラウザ版(PCでの利用):〇
  • オフライン再生:〇
  • 歌詞表示機能:✕
  • 運営会社:Amazon

Spotify

「Spotify」はスウェーデンの企業「スポティファイ・テクノロジー」によって運営されている音楽ストリーミングサービスす。

2019年現在で2億3200万人のユーザーを抱える世界最大手の音楽配信サービスです

「Spotify」は無料で時間制限なく、フル尺で音楽が聴き放題プランがあるのが特徴です。
(※スマホ版のみ。PC・タブレット版は時間制限があり)

シャッフルプレイのみでスキップができない、曲管に広告が入るなどの制約はありますが、無料でここまで音楽が聴けるのは「Spotify」だけです。

有料プランでは広告やスキップなどの制限が解除されています。

またヒットチャートやジャンルに合わせた曲が聞ける「プレイリスト」が充実しているのもおすすめです。

更には「Radio」機能も便利で、好きな曲やアーティストを選択すると、あなたに合う楽曲を再生してくれます。

自分が出会ったことのない楽曲に出会えるかも知れなのは音楽配信サービスの醍醐味です。

曲を自由に選択して聞けるようになるので、気に入ったら有料版もおすすめです。

  • 月額料金:Spotify Premiun
    • Standard:980円
    • Duo:1,280円(2人で利用可能)
    • Family:1,480円(最大6人で利用可能)
    • Student:480円(大学生まで可能)
  • 無料お試し期間:3か月
  • 楽曲数:5,000万曲以上
  • ブラウザ版(PCでの利用):〇
  • オフライン再生:〇
  • 歌詞表示機能:〇
  • 運営会社:Spotify

まとめ:音楽配信サービスで自分に合った作業用BGMを選ぼう

本記事では、作業用BGMにおすすめな音楽配信サービスを紹介しました。

  • Apple Music
  • Amazon Music Unlimited
  • Spotify

同じように見えても、それぞれの音楽配信サービスに特徴があります。まずは無料お試し期間を利用して、自分に合った最適なサービスを利用してみてください。

自分に合っていれば継続すればいいですし、合わなければ停止すれば問題ありません。

あなたにぴったりの音楽配信サービスを是非見つけてください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

- 品川・北品川のコワーキングスペース -

屋内にありながら明るい屋外テラスの内装をイメージして作りました。

緑にあふれる落ち着いた空間で仕事してみませんか?

この記事を書いた人

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる