レイテラスでバーチャルオフィス提携開始

Chatwork(チャットワーク)の特徴や評判・口コミ、メリット・デメリットを解説します

Chatwork(チャットワーク)は、仕事で必要な連絡のやり取りなどのコミュニケーションから、オンライン会議まで効率よく仕事をサポートしてくれるビジネスチャットサービスのひとつです。

LINEのように手軽に使えるだけでなく、グループを作って複数人でやり取りすることも可能です。

また、ファイルを送信できたり、「マイチャット」を使ってタスク管理することも可能なので、仕事で使いやすいです。

Chatwork Liveを使えば音声通話・ビデオ通話もできるので、オンライン会議やミーティングにも活用できます。

本記事ではChatworkの特徴やメリット・デメリット、評判・口コミを分かりやすく紹介します。

タップできる目次
レイテラス(Ray Terrace)
コワーキングスペース
「品川駅」から徒歩9分、京急線「北品川駅」から徒歩3分のコワーキングスペース・貸し会議室です。都会の木陰で高めあうシゴト時間に活用ください。

チャットワークの特徴

Chatworkは、国内企業であるChatwork株式会社が提供するクラウド型ビジネスチャットツールです。

字のごとく、チャットすることでさまざまな人とコミュニケーションのとれるツールです。

これまで私達は、

  • 通話は電話
  • メッセージのやり取りはメールやメッセージアプリ
  • タスク管理はタスク管理ツール
  • オンライン会議はオンライン会議ツール

を利用していましたが、Chatworkを用いることでそれら4つの機能をひとつのツールで行うことが可能です。

LINEのような感覚で使用でき、画像や資料などのデータが必要なときは添付もできます。

タスクの作成で依頼したタスク、依頼されたタスクの把握もできます。

したがって、テレワークなどで業務効率化を考えているのであれば、Chatworkは非常に使用しやすいツールといえます。

さまざまなシーンで使用が可能

Chatworkは主に仕事で使うツールですが、そうでなくても仲間内で何かの計画を立てたりするのにも使用できます。

例えば、プライベートで特定の人を誘っての連絡のやり取りも可能なので、公私ともに使用できます。

絵文字なども使用でき、LINEのように仲間内で作業をしながらプライベートチャットできる点も、Chatworkの大きな特徴。

スマートフォンだけでなく、パソコンやタブレットとさまざまなデバイスで使用も可能なので、外出先からなど各シーンで使用できます。

グループチャットや会議が可能

Chatworkは、個人間のメッセージのやり取りのほか、グループでチャットのやり取りやオンライン会議もできます。

ビデオ通話をすることで、遠方にいる社員や顧客と顔を見ながらの会話が可能になります。

ビデオ通話中に画面共有も可能なので、何かしらのトラブル解決やリモートでのサポートにも一役買ってくれるすぐれもの。

このようにChatworkは、テレワークや対面せずにさまざまな対応が求められている中、非常に有用なツールです。

その便利さから多くの企業が導入し、日本国内利用者数1位(2019年)、そして日本の生産性向上や働き方改革に総合的に貢献している企業として「High SOCS(ハイソックス)賞」受賞と、第三者機関からも評価されています。

プレスリリース・ニュースリリース...
Chatwork、BOXIL SaaS AWARD 2019で最優秀賞である「High SOCS(ハイソックス)賞」を受賞 Chatwork株式会社のプレスリリース(2019年3月4日 16時00分)Chatwork、BOXIL SaaS AWARD 2019で最優秀賞である[High SOCS(ハイソックス)賞]を受賞

Chatworkの料金プラン

Chatworkの料金プランは以下の通りで、有料プランは3つあります。

Chatworkプラン

Chatworkプラン紹介のページ(https://go.chatwork.com/ja/price/)より
  • パーソナル(月額400円)
  • ビジネス(月額500円)
  • エンタープライズ(月額800円)

フリー(月額無料)とパーソナルの違いは以下のとおりです。

  • グループの参加数(パーソナルなら無制限)
  • 複数人でビデオ・音声通話できるかどうか
  • ストレージの違い(フリーなら5GB、パーソナルなら10GB)
  • 広告の表示・非表示(フリーなら表示、パーソナルは非表示)

コンタクト(特定の個人の登録とチャットのやり取り)はフリープランでも無制限です。

ビジネスはパーソナルにユーザー管理が可能になったもの、エンタープライズは専用URLや社外ユーザーを防ぐことで、情報漏洩を防ぐことができるプランです。

ただし、フリープランでも累計8個以上のグループチャットに参加すると、有料プランにアップグレードする必要があります。

あくまで累計なので、その時点で参加しているグループチャットを退会しても、グループチャットの参加数は減りません。

いずせにせよ仕事でChatworkを使用する場合、パーソナルプランは必須といえるでしょう。

Chatworkのメリット

Chatworkのメリットはさまざまありますが、その中でも特徴的なものを紹介します。

チャット形式なので過去の履歴が見やすい

Chatworkはチャット形式なので、過去のやり取りなどの履歴を見るのが容易です。

例えばメールの場合、いちいち開かなければいけないので、いくつかのメールをチェックするのは非常に面倒。

Chatworkは過去のやり取りもスクロールすることで、ひと目で確認できます。

ファイルのダウンロードも同時にできる

Chatworkはメッセージにファイル添付が可能なので、資料を添付でき、何かしらのトラブルで緊急で資料が必要になっても問題ありません。

Chatworkのグループ内でデータが共有されていれば、すぐにダウンロードして確認できます。

仮に共有されていなくても、グループ内の人に呼び掛けることで気付いた人が対応できるので、色々なシーンに対応が可能です。

自分のデータ保存用としても利用できる

Chatworkは「マイチャット」という項目もあります。

マイチャットは、まだ作成途中の資料や業務上のちょっとしたメモ代わりに使用し、以下のような使い方ができます。

  • 作成途中の資料をマイチャットに入れて別のデバイスで編集(自分の中での資料の共有化)
  • 機器の故障など、何かがあった時用の資料の格納庫としての使用
  • 思いついたアイデアを書き留めたり、誰かの言ったことを忘れないようにするためのメモ帳
  • マイチャットの「タスク追加」に片付けないといけない仕事・作業を追加することでタスク管理ツール代わりに

Chatwork内のマイチャットは、考え方次第でさまざまな活用ができます。

Chatworkのデメリット

このようにさまざまなメリットのあるChatworkですが、もちろんデメリットもあります。

便利な中でも「弱点となるようなところはどこか?」もあわせて紹介します。

無料のプランだと、登録できるグループは7個まで

無料で使用できるChatworkですが、無料版で登録できるグループは7個までです。

しかも累計カウントなので、必要なくなったグループを削除すれば一枠空く、といった類のものではありません。

登録すれば一枠と見なされ、それが7個になると、それ以上の登録ができません。

仕事で使用していれば、7個なんてすぐに達してしまいます。

Chatworkを一時的にしか使わないならそれでもいいですが、通常の仕事やテレワークで使用するなら、有料版でないと仕事になりません。

無料で使用したいと考えている人にとって、この枠はかなり大きな壁になるのではないでしょうか。

やりとりが多いとスルーされるケースがある

チャット形式という手軽さが魅力のChatworkですが、その手軽さがあだになるケースもあります。

参加人数の多いグループや、活発にコミュニケーションをとるグループの場合、非常に多くのやり取りがされているのに面食らうことでしょう。

これは例えるなら、Twitterのフォローしている人のツイートリストやグループLINEのやり取りの多さについていけなくなるのと感覚が似ているといえます。

Chatwork内でもそういったことが起こりうるので、必要なことがスルーされてしまう可能性が十分にあります。

絵文字も使用でき、非常にコミュニケーションがとりやすいツールだけに、ちょっとした雑談が行われると、どれが重要か分かりにくくなってしまいます。

複数の話が並行すると分かりにくくなる

タスク管理しても、さまざまなところでタスクが起こっていると確認漏れや期限に間に合わないなど、業務に支障をきたす可能性があります。

タスクごとに進捗状況を確認したり、タスクを並行して並べたりする機能は、Chatworkにはありません。

また、話題ごとにスレッドを分ける機能もないため、そのグループに参加しているメンバーは、不要な情報も目にすることになってしまいます。

もし一つのプロジェクトでさまざまなタスク・話題が発生する場合は、グループを分けるか、Slackなど別のツールを検討するといいいでしょう。

Chatworkの評判・口コミ

当サイトで独自に集計したアンケートから、良い口コミ悪い口コミを紹介します。

導入時の参考にしてください。

良い口コミ

男性 / 40代後半(愛知県)

無料で利用できます。タスク管理もできちゃいます。未読のチャットがあればポップアップで通知されます。

女性 / 30代後半(埼玉県)

シンプルなデザインである点です。タスク管理ができます。アプリでも使いやすく、仕事のやり取りをする上でデータの提出などしやすくなりました。

男性 / 20代前半(宮城県)

機能がシンプルです。ファイル管理ができます。チャットのやり取りがしやすく、メッセージのやり取りがしやすくなりました。

悪い口コミ

男性 / 40代後半(愛知県)

チャット数が増えてくると、チャツト一覧の画面が煩雑になります。無料で利用しているので、チャツト一覧の中にPRの宣伝が入ります。メールとちがい、相手の承認がないとメッセージも送れません。

女性 / 30代後半(埼玉県)

最初の使い方が分かりにくいです。相手が既読したか分かりません。広告が邪魔です。

男性 / 20代前半(宮城県)

わざわざ使わなくてもこれに似たツールがあります。料金によって使える機能が変わります。細かいサービスを使いこなすのが難しいです。

Chatworkはこんな人におすすめ

男性 / 40代後半(愛知県)

プライベートとは分けて業務用などでチャットが利用したい方

クラウドワークスなどのクラウドソーシングを利用したい方

チャットとタスク管理を1つのアプリで行いたい方

女性 / 30代後半(埼玉県)

チームで仕事にあたる方

リモートワークされている方

仕事管理が疎かな方

男性 / 20代前半(宮城県)

仕事の依頼をする方

まとめ

Chatworkについて、特徴やメリット・デメリット、評判・口コミを紹介しました。

Chatworkはチャット感覚で使えますが、無料プランだと使用に制限があることと、タスク管理が難しく感じることがあるのがネックです。

ただ、非常に使いやすく、有料プランも安価なので導入しやすいツールといえます。

制限はあるものの、まずは無料での使用が可能なので、ぜひ一度使用してみることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

- 品川・北品川のコワーキングスペース -

屋内にありながら明るい屋外テラスの内装をイメージして作りました。

緑にあふれる落ち着いた空間で仕事してみませんか?

この記事を書いた人

「品川駅」・京急線「北品川駅」から徒歩圏内。2020年8月24日オープンのコワーキングスペース・貸し会議室です。都会の木陰で高めあうシゴト時間に活用ください。

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる