レイテラスでバーチャルオフィス提携開始

シャワー室や仮眠室完備!丸の内のコワーキングスペース「point 0 marunouchi」の体験レポート

「point 0 marunouchi」は、丸の内仲通りのビル4Fにあるコワーキングスペースです。

シャワールームや仮眠室などの設備が充実し、仕事環境としてもしっかり集中できました。

その都度利用(ドロップイン利用)のプランを使って半日滞在しましたので、本記事ではくわしくレポートします。

タップできる目次
レイテラス(Ray Terrace)
コワーキングスペース
「品川駅」から徒歩9分、京急線「北品川駅」から徒歩3分のコワーキングスペース・貸し会議室です。都会の木陰で高めあうシゴト時間に活用ください。

point 0 marunouchi 概要

住所〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-5-1 4F
電話番号非公開
営業時間24時間(有人 9:00~18:00) 
定休日なし
席数約70席
公式サイトhttps://www.point0.work/
point0marunouchi 概要

「0(ZERO)」を起点としつつ、「まだ見ぬ新しいものを見つけよう!」というプロジェクトポリシーのコワーキングスペース。

Panasonic、アサヒビール、オカムラ、ダイキン工業、ライオンなど、名だたる大手企業が運営に協賛・参画しています。

一歩先を行く次世代のシェアオフィス、コワーキングスペースです。

・新しオープンイノベーションの形を生み出す。
・空間とそこにいる人によって形成される様々な「場」を再定義する起点となる
ことを目指し、新たな価値創造を実現すべく前進し続ける。

(※公式サイトより引用)

point 0 marunouchiの料金

point0marunouchiの料金体系をドロップインと月額に分けて紹介します。

ドロップイン利用(その都度利用)

スクロールできます
時間体系料金
時間単位275円(税込)/15分
日単位8,800円(税込)/日
point0marunouchi その都度利用料金

point0marunouchiは、ドロップイン利用(その都度利用)が可能です。

その都度利用の場合は入会金不要で、8時間以上は一律8,800円となっています。

長時間滞在すると高額になってしまいますが、短時間だと15分単位で細かく課金されるので、最小限の利用料金で滞在できます。

管理カードを購入すると、24時間好きな時間に作業できます。

初回は新規会員登録の手続きのため、受付にスタッフのいる平日9:00~18:00の間に訪問必須です。

その都度利用でも平日9:00~18:00の時間外に利用したい場合は、ビルの入退室管理カード(2,750円)の購入が必要です。

月額会員料金料金

スクロールできます
月額会員プラン利用時間料金
自由席24時間365日88,000円(税込)/月
専用席24時間365日132,000円(税込)/月
point0marunouchi 月額会員 料金

月額会員の場合は、24時間365日使えます。

ただし、ビルに出入りするための入館カード発行料として2750円が別途必要です。

point 0 marunouchiのアクセス

東京駅から徒歩2分、メトロ二重橋駅からも徒歩3分というアクセスの良さをほこります。

丸の内のオシャレなメインストリート、仲通りに面したビル「丸の内二丁目ビル」の中にあります。

1Fにある「Happ」というオシャレなカフェが目印です。

エントランス左側にあるエレベーターホールからエレベーターに乗って4Fにあがってください。

point 0 marunouchiの体験レポート

point 0 marunouchi の特徴を紹介します。

入退館はすべて顔認証!スマートな入退室管理

エレベーターを降りて廊下を歩いていくと、メインエントランスがあります。

入り口は顔認証の画面が設置され、ここで顔を認識してロックが解除される仕組み。

初回訪問の方は、インターホンを押して受付のスタッフにドアを開けてもらいます。

その都度利用のゲストも、初回は必ず顔認証の登録を行います。

この顔認証が、認識度が高くて驚きました。

一瞬で反応し、スマートに鍵が開錠されます。

なかなか認識されずにもたつくこともなく、いつも瞬時に反応していました。

初回利用時は書類手続きがあり、顔写真付の身分証明書(運転免許証やマイナンバーカード)が必要です。

利用料金はその場で支払うのではなく、月1回まとめて請求される仕組みとなっています。

登録したクレジットカードに月ごとに請求されるシステムなので、クレジットカードも忘れず持っていきましょう。

開放的で光あふれる居心地いい空間

スペース内は秩序正しく管理されていますが、堅苦しい雰囲気は全くなく、スタッフの方もとても親切です。

手書きのランチマップなど、温もりがあって細やかな配慮にあふれています。

ワーキングスペースは木の床にグリーンが多く、ナチュラルな雰囲気です。

カウンター席、テーブル席の他にゆったりとしたソファ席など、作業場所はバリエーションに富んでいます。

いたるところに植物がふんだんに配置され、外光もたっぷりと入り、リラックスしながら仕事できる雰囲気です。

ビールがフリー!カフェもあり充実のドリンク類

多くのコワーキングスペースではコーヒーやお水が無料ですが、point 0 marunouchiではなんとビールがフリー

樽から注がれるきめ細かな泡のビールが、いつでも自由にいただけます。

こちらも顔認証システムと連動しており、認証後ビールを注ぐボタンがオンになる仕組みです。

このビールは協賛企業のアサヒビールのもの。

キンキンに冷えた細やかでクリーミーな泡のビールが出てきます。薄い木製の素材のカップでいただきました。

一仕事終えたランチ時にちょこっと飲むと、程よく疲れも緊張感もほぐれ、逆に気分転換になりました。

良いアイディアが湧いてきたり、作業も捗りそうです。

コワーキングスペース内にカフェもあります。

有料のカフェ以外に無料のドリンクコーナーも充実しています。

お水やお湯、ティーバッグの紅茶は無料です。

その他スナック類やカップ麺などもこちらで購入できます。

電子レンジで持ってきたお弁当を温めることも可能。

もうここから一歩も出なくても一日快適に過ごせそうです。

カフェのカウンターのミニ冷蔵庫ではサラダも販売されていました。

野菜不足が解消できそう!

シャワー室・仮眠室が完備

コワーキングスペース内は活発な雰囲気ですが、奥のエリア「quiet area」は静寂に包まれたスペース。

奥に進むとシャワールームと仮眠室があります。

とにかく驚いたのがその充実度。

オシャレなユニットのシャワールーム、洗面台が整えられています。

まるでホテルのスパのよう。

ドライヤーやコットンなど、アメニティも充実しています。

受付のスタッフの方いわく「皇居ランの後にこちらでシャワーを浴び、それから仕事される方も多いんですよ」とのこと。

さらに奥に進むと「仮眠室」があります。

ベッドが置かれた部屋は2室あり、完全な個室です。

仮眠室の寝具はトゥールスリーパー。柔らかな間接照明に包まれてスムーズに入眠できそうです。

ベッドと掛布団はタオルを上下敷いて使うシステム。

タオルはその都度新しいものに取り換えて使えるので清潔です。

畳敷きの瞑想ルームがある

ベッドで仮眠したりするほどではないけど、「靴を脱いで横になりたい!」というときもありますよね。

そんな人におすすめなのが「瞑想ルーム」です。

quiet areaに設けられた畳敷きのスペースです。

小さな箱庭のようなスペースもあり、とても癒される空間です。

こちらは飲食は禁止ですが、パソコンを持ち込んでの作業は可能。

その他ストレッチをしたり、短時間うたた寝したりできそうです。

電話用の専用ブースや集中個室(有料)もある

集中して仕事したい人向けにもさまざまな小部屋が設けられています。

こちらは、長時間の電話をしたいときや、人に聞かれたくない内容の通話をしたい人向けの電話ブース。

ZOOMミーティングなど、まわりを気にせず集中できる半個室ブースもあり、有料で予約が必要です。

会議室もあり、こちらも有料で予約が必要です。

複合機も完備しています。

ワーキングスペース内の自由席で一番おすすめな座席はこちら。

東京駅が間近に見える特等席。こちらは大人気の席で、朝一番に埋まってしまうそうです。

point 0 marunouchi体験レポまとめ

point 0 marunouchiは、居心地がとにかく良く、システムもスマート。

目の前には丸の内仲通りの並木の緑が目に飛び込み、気持ちよさも抜群です。

丸の内で居心地の良い仕事場所を探している方は、ぜひ一度訪問してみてはいかがでしょうか?

point 0 marunouchi 公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

- 品川・北品川のコワーキングスペース -

屋内にありながら明るい屋外テラスの内装をイメージして作りました。

緑にあふれる落ち着いた空間で仕事してみませんか?

この記事を書いた人

三度のご飯よりカフェ巡りが好きなフリーランス主婦。
カフェ難民、電源難民になった時はコワーキングスペースでお仕事しています。
「東京カフェ巡りブログ」を運営。

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる