レイテラスでバーチャルオフィス提携開始

ルームランナー完備!日本橋駅直結のコワーキングスペース「WAW 日本橋」の体験レポート

「WAW 日本橋」は日本橋駅直結のビル内にある、広くておしゃれなコワーキングスペースです。

外の光が差し込む開放的なスペースもあれば、一人ずつ区切られた席もあり、好みで選べます。

ドロップイン利用で一日訪問しましたので詳しくレビューします。

タップできる目次
レイテラス(Ray Terrace)
コワーキングスペース
「品川駅」から徒歩9分、京急線「北品川駅」から徒歩3分のコワーキングスペース・貸し会議室です。都会の木陰で高めあうシゴト時間に活用ください。

WAW 日本橋の概要

住所〒103-0027
東京都中央区日本橋1丁目13番1号 日鉄日本橋ビル3階
電話番号非公開
営業時間平日8:00〜20:00
定休日土日祝日・年末年始・ビル休館日
席数約60席
公式サイトhttps://work-and-wonder.com/place/nihombashi/
WAW日本橋 概要

WAW 日本橋は、日鉄興和不動産がプロデュースするシェアオフィス&コワーキングスペースです。

未来の社会を見据えたイノベーションの一端として「新しいオフィス環境」を追求して運営されています。

明るくオシャレな内装とニーズに合わせて細かく仕切られています。

スペース内は心地いい音楽がかすかに流れ、一日中落ち着きとほど良い緊張感に満ちていました。

WAW 日本橋の料金

WAW 日本橋の料金体系をドロップイン利用と月額会員に分けて紹介します。

ドロップイン利用

時間体系料金(税込)
時間単位1,320円/時
日単位3,300円/日
初回会員登録時費用1,100円
WAW日本橋 ドロップイン料金

WAW日本橋は、時間毎の料金は1時間あたり1,320円とやや割高ですが、一日プランだと3,300円とリーズナブル。

3時間以上滞在する場合は一日プランがおすすめです!

朝8:00から夜20:00までフルに滞在すれば、1時間あたりなんと275円というコスパの良さ。

料金はキャッシュレス決済で、現金では支払えないので注意しましょう。

・ドロップイン利用の場合でも、初回は会員登録の手続き(1,100円)が必要
・運転免許証やマイナンバーカードなど、顔写真付きの身分証明書およびクレジットカードが必須

月額会員料金

月額会員プラン利用可能時間帯利用可能フロア料金(税込)
シェア会員8:00~20:00 オープンエリア27,500円/月
デスク会員24時間
(オープンエリアは平日8:00〜20:00)
オープンエリア
プライベートエリア

88,000円/月
個室会員24時間
(オープンエリアは平日8:00〜20:00)
オープンエリア
プライベートエリア

132,000円/月~
WAW日本橋 月額会員 料金

月額会員の場合も、使用できる席の種類でさまざまなプランが用意されています。

時間の制約なしで24時間自由に出入りして使いたい方は、デスク会員か個室会員のほうが使い勝手が良いでしょう。

WAW 日本橋のアクセス

  • 東京メトロ銀座線・東西線/都営地下鉄浅草線「日本橋」駅より徒歩1分(直結)
  • 東京メトロ日比谷線・東西線「茅場町」駅より徒歩3分
  • 東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅より徒歩4分
  • JR線「東京」駅より徒歩9分

WAW 日本橋は、地下鉄利用の方なら日本橋駅経由がおすすめです。C5出口に直結しており、地下からそのまま上がれます。

日鉄日本橋ビルの中に入りましょう。

そのまま直結してエレベーターに乗ることができるので、3Fを目指しましょう。

地上からアクセスする場合、乗るエレベーターに注意が必要で、メインエントランスのエレベーターは3階に停まりません。

低層階専用のエレベーターが脇にありますのでこちらから乗ります。

こちらのエレベーターは地下鉄の改札階と直結しています。

雨風にあたることなくワーキングスペースに直行できるのはとても便利です。

エレベーターを降りると黒のカッコいい壁が目の前に! 右手に進むとすぐにWAW 日本橋の入り口です。

WAW 日本橋の体験レポート

WAW 日本橋の特徴を紹介します。

スタイリッシュな内装!広くて居心地の良さは抜群

いたる所に緑があり、カラフルなクッションも置かれていて、明るくスタイリッシュな空間です。

外からの光もたっぷり入り、清潔感があります。

受付のブースにはスタッフが常駐しています。とても礼儀正しく親切で、施設の説明を丁寧にしてくださいました。

ドロップイン利用者が使える「オープンエリア」は広々しており、ゆったりしたソファが魅力的。

オープンな空間で開放感抜群です。

二人席もアクリルパネルがしっかり置かれ、感染対策に配慮されていました。

中心には大テーブルがあり、窓際に1~2人用の席があります。

壁際の席もデザインが面白いです。

木の模様の仕切り壁が高く、隣の人の気配を気にせず作業に集中できそうです。

通話禁止の窓際カウンター席。

何故かずっと私1人で貸し切りでした。電話しながら仕事できる席のほうがやはり人気のようです。

複合機やロッカーは、かなり奥のエリアにありました。

おかげでワーキングエリアは落ち着いた雰囲気が保たれています。

複合機が設置されている部屋にロッカーもありました。

ドロップイン利用者は使えませんが、月額会員になると使えます。

ルームランナーがある

ルームランナーのあるコワーキングスペースは今回が初めて。

しかも、日本橋の交差点が一望できる窓際に設置されています。

交差点を行き交う車や人々を眺めながら、このルームランナーでひとっ走り。

身体も頭もすっきりして、その後の仕事がはかどりそう!

細かいエリア分けがされている

WAW 日本橋は、細かくエリア分けされており、使いたい人のニーズにあった席が種類豊富に用意されています。

・静かに仕事したい人用「通話禁止エリア」
・音が漏れない「電話専用のブース(短時間用)」
・思う存分長時間話せる「TV会議用のブース」
・細かく仕切られた集中モード用「半個室ブース」

扉が閉まり、音が漏れにくくなっている電話専用のブースは、人に聞かれたくない仕事の電話のときにとても便利でした。

狭い空間のほうが落ち着く、集中できるという方におすすめなのが半個室ブース。

いわゆる自習室のスタイルで効率が上がりそうですね。

スペースの奥には「サイレントスペース」があり、ここから先は通話会話が禁止です。

サイレントスペースの手前には、ちょっと休憩したくなるチェアコーナーがありました。

ゲストと二人で簡単な打ち合わせしたいときにも便利そうです。

スペース内フリーエリアの一番奥のエリアのため、誰も後ろを通らないのですごく集中できます。

備え付けのモニターが使えるサイレントエリア席は便利

私がこの日利用したのは「サイレントエリア」。

カウンター席ですが、目の前は日本橋の交差点で光がたっぷり入り、明るく開放的な席です。

備え付けのライトとモニターは自由に使えます。

モニターはHDMI端子で接続でき、手持ちのPCとつなげられる場合はデュアルディスプレイとして使えます。

その他USB端子接続でタッチパネルとしても使用できます。

充実のドリンクコーナー

ドロップイン利用者でも、フリードリンクコーナーが自由に使えます。

広くて清潔なキッチンが受付前にあります。

ボタン一つで抽出されるWMFのコーヒーマシンがありました。

その他紅茶やハーブティなどもあり、何杯でも自由に飲めます。

その他「サプリサーバー」という珍しいものがあり、野菜不足を補えるそうです。

オフィスコンビニもありました。

有料ですが、お菓子コーナーも充実しています。

WAW 日本橋体験レポまとめ

長時間居ても全く気が散らず、飽きることなく、効率よく仕事に没頭することができました。

ぜひ一度、心地よく明るい空間を体験してみてください。

日本橋というビジネス街の一等地で集中してみてはいかがでしょうか?

ルームランナーに乗るのもお忘れなく!

WAW 日本橋の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

- 品川・北品川のコワーキングスペース -

屋内にありながら明るい屋外テラスの内装をイメージして作りました。

緑にあふれる落ち着いた空間で仕事してみませんか?

この記事を書いた人

三度のご飯よりカフェ巡りが好きなフリーランス主婦。
カフェ難民、電源難民になった時はコワーキングスペースでお仕事しています。
「東京カフェ巡りブログ」を運営。

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる