レイテラスでバーチャルオフィス提携開始

自習室スタイルが集中できる!コワーキングスペース「TRIEL 東京」の体験レポート

「TRIEL東京」は、東京駅からも近い日本橋にあるコワーキングスペースです。

一日ワンデイパスを使ってドロップインが可能で、登録も支払いもWEBから気軽にできて便利でした。

丸一日滞在しましたので、その感想をくわしくレビューします。

タップできる目次
レイテラス(Ray Terrace)
コワーキングスペース
「品川駅」から徒歩9分、京急線「北品川駅」から徒歩3分のコワーキングスペース・貸し会議室です。都会の木陰で高めあうシゴト時間に活用ください。

TRIEL東京の概要

TRIEL東京 内観
住所〒103-0027 東京都中央区日本橋2丁目1-17 丹生ビル2階(受付)・3階
電話番号0120-753-361
営業時間平日・土:9~22時(最終受付18:00)
日・祝日:9~18時(1DAY利用は不可)
定休日
席数約40席
公式サイトhttps://www.triel.jp/tokyo/service/
TRIEL東京 概要

TRIEL東京の料金

TRIEL東京の料金体系をドロップインと月額に分けて説明します。

ドロップイン利用

時間体系料金
時間単位
日単位2,000円/日
TRIEL東京 ドロップイン料金

時間毎の料金のプランはなく、一日利用のみとなっています。

日曜・祝日は利用できないので、注意が必要です。

月額会員料金料金

項目料金
入会金10,000円
月会費13,980円
利用可能時間帯平日・土:9~22時
日・祝日:9~18時
TRIEL東京 コワーキング会員 月額会員料金

月額会員になると、日曜日・祝日も利用できます。また、来客対応をスタッフにお願いすることも可能。

コワーキングの月額会員が使える席は、2Fエリアのフリー席です。

固定で専用デスクを使いたい方は、別のレンタルオフィスプランが用意されています。

TRIEL東京のアクセス

JR「東京駅」北口から徒歩4分です。

その他にも、東京メトロ「日本橋駅」B5出口から徒歩1分、「三越前駅」B6出口から徒歩5分、「大手町駅」B7出口から徒歩5分という好立地。

丹生ビルの中にあります。

入り口に案内の立て看板がありました。

エレベーターで2階に上がるとすぐ左手が受付です。

TRIEL東京の体験レポート

TRIEL東京の特徴を紹介します。

アクセスの良さが抜群

TRIEL東京は、アクセス抜群!

日本橋駅を降りて地上に出て、大通りを1本曲がって少し歩くとすぐに到着しました。

周りはコレド日本橋や高島屋といった商業施設がたくさんあり、食事して気分転換もできます。

1DAY利用は入会金や登録料は無料

都内のコワーキングスペースは、ドロップインでも新規利用の際に登録料(600円〜1,000円程度)がかかる場所が多いです。さらに会員証を発行するのに時間がかかることも。

過去には、実際に訪問してから作業に取り掛かるまで、30分近くかかってしまったケースもありました。

その点TRIEL東京は、WEBから1DAYパスを事前予約し、支払いをもクレジットカードで済ませられるので、当日は訪問後すぐに作業に取りかかれて便利でした。

東京駅すぐという好立地にありつつ、気軽に利用できるコワーキングスペースといえるでしょう。

一日2,000円で最大13時間利用可能

一日利用のドロップインの場合、朝は9時から夜は22:00まで利用が可能です(日曜祝日は不可)。

朝から夜まで最大13時間、集中して作業ができます。

これで一日2,000円なので、長時間使いたい場合は、コストパーフォーマンスがかなり良いと思います。

途中外出ももちろんOK。ランチ休憩をはさみつつ、一日フルに使って効率よく仕事がこなせそうです。

自習室のような集中スペースがいい!

通話と食事も可能なオープンな雰囲気の共有の「フリースペース」と、一人ずつ仕切られている「集中スペース」があります。

集中スペースはいわゆる自習室のような雰囲気でした。

1DAY利用者はどちらも利用可能です。

通話することが多いのであれば、フリースペースが便利かもしれません。

じっくり集中して仕事したい場合は断然「集中スペース(自習室風)」がおすすめです。

音楽もかかっておらず、人の話声も全くしないので、すごく静かでした。じっくり仕事に取り組めます。

一人一人高めのパーテイションで仕切られ、椅子もキャスター付きのチェアで、背もたれがリクライニングします。長時間座っても全く疲れませんでした。

共有のフリースペースは通話可能

集中スペースは通話が不可なので、電話をしたい場合は通話可能な共有のフリースペースがおすすめ。

明るくオープンな雰囲気なので、少人数の打ち合わせも可能です。

フリースペース内には、フリードリンクの給茶機がありますが、現在は停止中でした。

その他は有料ですが、豊富な飲み物が用意されています。ドリップコーヒーは50円でした。

また、スナック菓子も置いてあります(有料)。

1DAY利用者でも複合機やシュレッダーは利用することが可能です。

TRIEL東京体験レポまとめ

駅から近く、アクセスの良いワーキングスペース「TRIEL東京」。

ビルは正直やや古いですが、コワーキングスペース自体は整えられ、明るく清潔です。

個別に仕切りのある自習室スペースがすごく気に入ったので長時間滞在しました。

とにかくシーンとしており、もののすごく集中できました。「仕事するしかない!」という雰囲気の空間です。

東京駅、日本橋界隈でとにかく長時間集中して作業したい方は、一日こもってはいかがでしょうか?

TRIEL東京公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

- 品川・北品川のコワーキングスペース -

屋内にありながら明るい屋外テラスの内装をイメージして作りました。

緑にあふれる落ち着いた空間で仕事してみませんか?

この記事を書いた人

三度のご飯よりカフェ巡りが好きなフリーランス主婦。
カフェ難民、電源難民になった時はコワーキングスペースでお仕事しています。
「東京カフェ巡りブログ」を運営。

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる