バーチャルオフィス提携開始

韓国のサービスを利用するのにおすすめのVPNを紹介

当サイトのリンクには広告が含まれています。

韓国のドラマや音楽番組は日本でも人気なので、SBSMBCKBS Worldといった韓国の放送局や、TVINGJTBC楽天Vikiなど韓国の動画配信サービスを利用したいと考える人もいるでしょう。

しかし海外のサービスは、利用できるサービス内容を居住地により制限しているケースがあります。

そんなときに役立つのがVPN(Virtual Private Network)です。

そこで本記事では、韓国のサービスを利用するときにおすすめのVPN選ぶときのポイントをくわしく解説します。

タップできる目次
レイテラス(Ray Terrace)
コワーキングスペース
「品川駅」から徒歩9分、京急線「北品川駅」から徒歩3分の貸し会議室・レンタルスペースです。都会の木陰で高めあうシゴト時間に活用ください。

韓国の音楽番組や動画配信サービスを利用するならVPNが必要

韓国のサービスは、地域制限(ジオブロック)により日本からでは利用できないことがあります。

たとえば韓国MBCでALL THE K-POPの番組を視聴しようとすると、以下のような画面が表示されて視聴できません。

韓国MBSは日本からリアルタイムに視聴できない

日本から韓国のサービスを利用するにはジオブロックを回避する必要があり、その課題を解決できるのがVPNです。

VPNとは

VPNとは、インターネット上に仮想の専用ネットワークを作り、データ通信を行うものです。VPN上での通信データは暗号化されるので、第三者からは実際の居住国を特定されず、ユーザーの接続したVPNサーバの国がアクセス元とみなされます。

韓国のVPNサーバーに接続すれば第三者からは韓国からのアクセスと判断されるので、韓国居住者と同じサービスを利用できるのです。

また、VPNの活用シーンは海外サービスのジオブロック回避に留まりません。

通信データを常に暗号化するVPNは、フリーWi-Fiの安全性を高めるほか、個人情報やビジネスで扱う機密文書の漏えい防止など幅広いシーンで活躍できます。

日本や欧米諸国などでは利用を推奨している国が多いので、これを機会にさまざまなシーンでVPNを活用するのがおすすめです。

一方、中国やロシアのようにインターネットを検閲している国では、政府認可のVPN以外の利用を禁じているケースもあります。

居住国でVPNの利用に関する法律があるかどうかは、事前に確認しておきましょう。

VPNの活用シーン
  • 自宅のWi-FiやフリーWi-Fiのセキュリティ強化
  • 特定地域に限定された海外サービスの利用
  • リモートワーク時の機密情報漏えいを防止
  • 政府機関の検閲回避

韓国のサービスをVPN経由で利用する方法

ここでは、通信品質と安全性に定評のあるExpressVPNを例とし、事前準備から韓国のサービスを実際に利用するまでに必要な手順を具体的に解説します。

事前に準備するもの

VPN経由で韓国のサービスを利用するときに、事前にいくつか準備するものがあります。

事前に準備するもの
  • 韓国サーバーのあるVPNサービス
  • 利用したいサービスの契約用メールアドレス
  • クレジットカードやギフトカードなどの支払い方法

韓国のサービスを利用するなら、韓国にサーバーが設置されているVPNを契約しなければジオブロックを回避できません。

メールアドレスは、利用したいサービスが有料の場合に必要なケースがあります。

たとえば、韓国のAmazonプライムビデオを契約する際に既存アカウントのメールアドレスを流用すると、既存カウントの情報がすべて消えてしまうので注意が必要です。

また、韓国に限らず海外の有料サービスは、日本のクレジットカードを利用できないケースがあります。

そのため、韓国でも利用可能なクレジットカードやギフトカードを事前に準備したほうが、手続きをスムーズに進められるでしょう。

契約用メールアドレスと支払い方法は、サービスによりけりなので事前に情報収集するのがおすすめです。

なお本記事では、韓国にサーバーのあるVPNを用意すれば利用可能な韓国MBCを例に手順を解説します。

SBSKBS WorldもVPNさえ準備すれば十分なので、利用する際は本記事の手順を参考にしてみてください。

VPNを用意する

最初にVPNを用意します。

VPNを用意する前に、韓国にサーバーが設置されているかどうかを必ず確認しましょう。

もしVPN選びで迷ったときは、あとで紹介するおすすめのVPNの中から選ぶといいでしょう。

いずれも韓国にサーバーが設置されているので安心です。

ここでは通信品質と安全性にすぐれ、韓国にサーバーが設置されているExpressVPNの手順を紹介します。

STEP
公式サイトにアクセス

ExpressVPN公式サイトにアクセスし、画面中央の「特別割引を申し込む」か右上の「ExpressVPNを購入する」をクリックします。

ExpressVPN公式サイト
STEP
プランを選択

3ヶ月分無料でついてくる12ヶ月のプランが割引率も高く、おすすめです。

ExpressVPNのプラン選択画面
STEP
メールアドレスの入力

メールには契約関連の連絡や各種手続きの確認が届くので、よく利用するメールアドレスを登録するといいでしょう。

ExpressVPN契約時のメールアドレス入力画面
STEP
支払い方法の選択

支払い方法には、クレジットカードやPayPalなどを選べます(ここではクレジットカードを選択)。

ExpressVPN契約時の支払い方法選択画面

クレジットカード払いの場合、必須項目をすべて入力し「すぐに購入」ボタンをクリックします(郵便番号は任意)。

ExpressVPN契約時のクレジットカード情報入力画面
STEP
決済処理

クレジットカード会社の認証処理後、決済処理中の画面が表示されるので、処理が完了するまでしばらく待ちます。

ExpressVPNの決済処理中画面

決済が正常に処理されれば契約手続きは完了で、次からはExpressVPNを利用するための手順です。

STEP
パスワードの設定

契約完了後の画面で仮のパスワードが設定されていますが、安全のために「パスワードの作成」ボタンで再設定しましょう。

契約手続き完了後に表示されるExpressVPNのパスワード設定画面

新しいパスワードを設定ルールにしたがって入力し「パスワードを保存する」ボタンをクリックします。

ExpressVPNの新パスワード設定画面
STEP
ExpressVPNをインストール

パスワードの設定完了後、ExpressVPNのダウンロード画面が表示されるので、引き続きインストール作業を行います。

画面の左側からインストールするデバイスを選び「ダウンロード」ボタンをクリックしましょう(ここではWindowsを選択)。

ExpressVPNのダウンロード画面

ダウンロードが完了したら、ダウンロードファイルを開いてインストールします。

ExpressVPNのインストール中画面

Chromeを利用している場合、インストールの途中で拡張機能のインストールを促されますが、あとでも追加できるのでキャンセルでもかまいません。

ExpressVPNのChrome拡張機能

インストールが完了すると、ExpressVPNが自動で起動します。

STEP
ExpressVPNにサインイン

ExpressVPNを利用するために「サインイン」をクリックしましょう。

ExpressVPNインストール直後の画面

サインイン方法には2種類ありますが、ここでは入力項目が一つで済むアクティベーションコードでサインインしています。

ExpressVPNにアクティベーションコードでサインイン

アクティベーションコードは、ソフトウェアダウンロード画面に表示されているものです。

ExpressVPNのアクティベーションコードは、ダウンロード画面で確認できる

サインインが正常に完了すると、ExpressVPNの自動起動設定と改善レポートの提出有無を聞かれるので、自身の都合に合わせて設定してください。

ExpressVPNの自動起動設定確認
ExpressVPNの改善レポート提出確認

以上でインストール作業は完了し、ExpressVPNをいつでも使える状態になりました。

ExpressVPNの専用アプリ

VPNで韓国のサーバーに接続する

韓国MBCを利用する前に、VPNで韓国サーバーに接続します。

使用するVPNによって手順が異なるので、契約中のVPNに応じた手順でサーバーに接続してください。

まず、ExpressVPNの画面中央の接続先サーバが表示されている部分をクリックします。

ExpressVPNでサーバーを選択

左側に「VPNロケーション」画面が表示され「すべてのロケーション」からでも韓国を探せますが、「韓国」で検索するほうが早いです。

ExpressVPNのサーバー選択画面
ExpressVPNで韓国サーバーを検索

検索結果の「韓国」を選択し、ExpressVPNの接続ボタンをクリックします。

ExpressVPNで韓国サーバーに接続試行中

韓国サーバーに正常に接続できれば、ExpressVPNの背景色が緑色に変化します。

ExpressVPNで韓国サーバーに接続できた状態

この接続状態を保ったまま、MBCなど韓国のサービスにアクセスしてください。

VPN経由で韓国のサービスを利用する

韓国のVPNサーバーに接続できたら、韓国MBCを利用してみましょう。

韓国MBCにアクセスし、画面中央の「ON AIR」の中から見たい番組を選択します。

韓国MBCトップページ

ここでは「ALL THE K-POP」を選択しました。

韓国MBCでON AIR中の番組

VPNなしでアクセスするとエラーメッセージが表示され視聴不可能でしたが、VPN経由だと正常に「ALL THE K-POP」を視聴できました。

VPN経由なら韓国MBCをリアルタイムに視聴可能

無料会員登録をすると高画質での視聴も可能なので、試してみてください。

韓国のサービスを利用するのにおすすめの有料・無料VPN6選

韓国のサービスを利用するのにおすすめのVPNを6つ紹介します。

いずれも韓国のサービスを利用するのに十分なサービス内容をそなえているので、自身のニーズと照らし合わせ、最適なものを選んでください。

VPNサービスExpressVPN
NordVPN
CyberGhost
Surfshark
PIA
VPN Gate
VPNGate
月額料金6.67USD~12.95USD
(約967円~1,878円)
550円~1,960円290円〜1,790円328円~2,308円250円〜1,480円無料
返金保証30日間30日間45日間30日間30日間
サーバー設置国94カ国60カ国93カ国100カ国84ヶ国20ヶ国
サーバー数3,000台以上5,000台以上9,300台以上3,200台以上25,000台以上7,000台以上
同時接続台数8台6台7台無制限無制限8台
セキュリティポリシーノーログポリシーノーログポリシーノーログポリシーノーログポリシーノーログポリシーログあり
公式サイトExpressVPNNordVPNCyberGhostSurfsharkPIAVPN Gate
詳細記事ExpressVPNの評判NordVPNの評判CyberGhostの評判Surfsharkの評判PIAの評判

VPNのおすすめは、こちらの記事でも紹介しているのであわせて参考ください。

ExpressVPN

ExpressVPNは、通信の安定性に加え安全性の高さでおすすめのVPNです。

ExpressVPN

安定して200Mbpsを超える速度が出るので、音楽・動画配信サービスで途中で切れたり、動画がコマ切れになったりすることはありません。

環境によっては500Mbpsを超える速度が出るケースもあり、データ容量を頻繁に利用するビジネスシーンでも活躍します。

ExpressVPNでアメリカサーバーにつないだ場合のスピードテスト

また通信の暗号化方式は、アメリカ政府と同じ規格「AES-256」を採用しているので安全性が高く、第三者による覗き見や悪用を防止できるなどセキュリティも安心なVPNです。

高品質なサービスを提供しているため、月額料金は967円と割高ですが、3ヶ月分無料になる12ヶ月プランを選び、さまざまなシーンで利用するのがおすすめです。

ExpressVPNの詳細は、こちらのページで解説しています。

\30日間返金保証/

1年プランなら当サイト限定で3ヶ月無料

NordVPN

NordVPNExpressVPN 同様に、通信品質の高さで定評のあるVPNです。

NordVPN

環境によっては速度が500Mbpsを超えるうえ、時間帯を問わず安定した接続を維持できるので、韓国のさまざまなサービスをストレスなく楽しめます。

NordVPNでアメリカサーバーにつないだ場合のスピードテスト

NetflixやAmazonプライムなど、対応しているストリーミングサービスが豊富な点も好材料のひとつでしょう。

さらに、マルウェアや悪質な広告を対策する機能やデータ漏えいを防止するキルスイッチ機能など、セキュリティ対策も十分なので安心して利用できます。

ExpressVPNよりもコストを抑えたい人は、月額550円から利用できるNordVPNを検討してみてください。

NordVPNの詳細は、こちらのページで解説しています。

\30日間返金保証/

2年プランなら最大69%OFF + 4ヶ月無料

CyberGhost

CyberGhostは特定の用途に最適化されたサーバーが設置されている点に特徴のあるVPNです。

CyberGghost

月額料金は290円からとお手頃価格なうえ、動画配信サービスやオンラインゲームに最適化されたサーバーが用意されているので、サービスに適したサーバーを探しやすいのがメリットです。

CyberGhostにはストリーミング専用サーバーがある

サーバー設置台数も93ヶ国に9,300台以上あるので、特定のサーバーがブロックされたり、障害が発生したりしても切り替え先が豊富にあります。

ただし、価格が安い分通信速度は期待できないので、通信量の多い4K動画や3Dゲームなどの利用は厳しいでしょう。

最大45日間とほかより長めの返金保証をうまく活用し、自身の環境での通信品質を実際に検証してみるのがおすすめです。

CyberGhostの詳細は、こちらのページで解説しています。

\45日間返金保証/

2年プランなら最大82%OFF + 2ヶ月無料

Surfshark

Surfsharkはデバイスの同時接続台数が無制限な点で好評なVPNです。

Surfshark

デバイスの接続台数に制限がないので、家族が同じ時間帯に韓国や海外のサービスを利用するケースで本領を発揮します。

24ヶ月プランであれば月額換算で328円とリーズナブルなので、デバイスを無制限につなげられる点も踏まえるとコスパ最強なVPNといえるでしょう。

専用アプリが日本語化対応している点もメリットですが、CyberGhost同様に通信速度は遅めなので、返金保証期間中に実際の通信速度を検証したほうがいいでしょう。

Surfsharkの詳細は、こちらのページで解説しています。

\30日間返金保証/

2年プランなら最大81%OFF + 2ヶ月無料

Private Internet Access(PIA)

Private Internet Accessは、月額料金の安さで好評なVPNです。

12ヶ月プランなら月額250円と格安なうえ、同時接続デバイスも無制限と優秀なので、コスパに優れたVPNといえます。

サーバー設置台数も84ヶ国に24,000台以上とどこよりも豊富なため、韓国以外にさまざまな国の地域限定サービスを楽しめます。

ただし、通信の速度や安定性は料金が安い分、劣ってしまう点に注意が必要です。

PIAの通信速度はあまり期待できない

ダウンロード・アップロードともに50~70Mbps程度なので、音楽・動画配信サービスの利用には問題ありませんが、4K動画など通信量の多いサービスには不向きです。

大容量データを扱うシーンでは使い勝手が悪いものの、料金の安さとサーバー設置台数の豊富さを活かし、ExpressVPNなどが不調時の代替VPNとして利用するのがおすすめです。

Private Internet Accessの詳細は、こちらのページで解説しています。

\30日間返金保証/

2年プランなら最大83%OFF

VPN Gate

VPNの利用頻度が少なく、個人情報の入力が不要なサービスの利用に限定する場合、無料VPNも選択肢のひとつになります。

無料VPNの中でも速度が比較的安定し、韓国MBCのような動画配信サービスの視聴に向いているのが「VPN Gate」です。

公式サイトで各VPNサーバーの接続数・通信速度・遅延状況・ログ記録ポリシーを公開しているため、選ぶときにサーバーの状況を把握できます

VPN Gateの公式サイト

有料VPNの専用アプリに比べると設定や使用方法はわかりづらいですが、デバイス別の接続方法を画像つきでくわしく解説しているので安心です。

ただし接続ログは記録されるので、くれぐれも個人情報の入力が必要なケースでの利用は避けましょう。

韓国向けのVPNを選ぶときのポイント

韓国のサービス向けのVPNを選ぶときに、注意すべきポイントが4つあります。

韓国にサーバーを設置され、接続先を自由に選べるか

韓国のサービスを地域制限なしに利用するには、VPNで韓国サーバーに接続する必要があります。

したがって、VPNを検討する際には韓国にサーバーが設置されているかどうかを必ず確認しましょう。

また無料VPNの場合、サーバー選択を自由にできず、ランダムに接続する方法しかないケースがあるので注意してください。

無料のVPNをどうしても利用したいときは、韓国にサーバーが設置され、サーバーを自由に選択できるVPN Gateを検討するのがいいでしょう。

安定して十分な通信速度が出るか

通信品質は、VPNを利用するどのようなシーンでも重要です。

サービスを利用する際、安定して十分な速度が出なければ、音楽や動画の再生で読み込みに時間がかかるなど、ストレスを感じてしまいます。

通信速度の目安は、動画や音楽などの配信サービスなら30~50Mbps、4K動画や3Dゲームなどの通信量の多いサービスなら100Mbps程度が目安です。

また通信速度は、通信環境やVPNサーバーへの接続経路にも左右され、自身の環境でどれくらいの速度を出せるかは試してみないとわかりません。

多くのVPNでは返金保証や無料期間を設けているので、その期間内に通信速度や安定性を実際に確認するのがおすすめです。

料金が自身のニーズにマッチしているか

ExpressVPNの料金プラン

有料のVPNを契約する前に、料金プランをしっかり確認しましょう。

多くのVPNでは、1年や2年単位など長期契約のほうがお得に利用できます。

さらに長期契約であれば、数ヶ月分の無料期間がサービスでついてくるケースもあります。

利用期間があらかじめ決まっているなら、事前に料金体系を確認し、よりお得になるプランを選びましょう。

マルチデバイスに対応し、同時接続台数が十分か

ExpressVPNの対応デバイス

PCのみならず、スマホ・タブレット・スマートTVなど、さまざまなデバイスで韓国のサービスを利用したい人は多いでしょう。

自宅と外出先でデバイスを使い分けたい人もいるはずです。

多様なニーズに対応するためにも、マルチデバイスに対応しているVPNを選ぶのがおすすめです。

また、同一時間帯に接続するデバイスが多い家庭であれば、同時接続台数も重要になってきます。

VPNを選ぶ際は、実際に利用するデバイスの最大同時接続台数もあらかじめ押さえておきましょう。

韓国向けのVPNを選ぶときによくある質問

韓国向けのVPNを選ぶときによくある質問に回答します。

VPN経由で韓国のサービスに接続できないのはなぜですか?

VPN経由で韓国のサービスにアクセスできない場合、以下のケースが考えられます。

韓国のサービスにアクセスできないケース
  • 韓国のVPNサーバーに接続していない
  • 韓国のVPNサーバーに不具合が発生している
  • VPNサーバーがサービス側でブロックされている

まずは韓国のVPNサーバーに正しく接続できているかを確認します。

正しく接続しているのにサービスにアクセスできない場合、別の韓国サーバーに接続し直してみてください。

それでもサービスにアクセスできないときは、VPN自体がサービス側でブロックされている可能性があるので、別のVPNサービスを契約して試してみましょう。

韓国のサービスを利用するのに危険なVPNはありますか?

韓国のサービスを利用するのに危険かどうかは利用目的によります。

以下に当てはまる場合、情報漏えいの危険性が高い無料VPNの利用は避け、有料VPNを利用しましょう。

無料VPNの利用は避けたほうがいいケース
  • 個人情報の入力が必要なサービスの利用
  • 海外サイトでの商品やサービスの購入
  • ビジネスでの機密情報のやり取り

韓国から日本のサービスを見るのにおすすめのVPNはどれですか?

韓国から日本のサービスを利用するなら、海外から日本のサービスを利用する目的で作られたMillenVPNがおすすめです。

MillenVPNの詳細は、こちらの記事でくわしく解説しています。

VPNを使えば韓国のYouTubeも見れますか?

VPNを利用すれば韓国のYouTubeを見れるうえ、日本のクレジットカードを利用できるので韓国のYouTubeプレミアムも契約できます。

ただし、月額約1,120円なので日本で契約する場合とあまり変わりません。

YouTubeプレミアムを日本の半額以下で契約する方法は、こちらの記事で解説しているので参考にしてみてください。

iPhoneやAndroidにおすすめのVPNはどれですか?

本記事で紹介したVPNであれば、いずれもiPhone・Androidに対応しているのでおすすめです。

料金・利用目的・同時接続台数をふまえ、自身にもっとも相応しいVPNを選びましょう。

韓国のサービス利用で無料のVPNネコはおすすめですか?

VPNネコは通信速度が遅く、安定性にも欠けるのでおすすめできません。

また無料VPNは、ノーログポリシーではなく接続ログを保存するため、情報漏えいのリスクもあります。

無料VPNをどうしても利用したい場合、個人情報の入力が不要な動画配信サービスなどに利用を限定し、通信品質の比較的良いVPN Gateを利用するのがおすすめです。

まとめ:VPNを活用し韓国の音楽番組やドラマを楽しみましょう

本記事では、韓国のサービスを利用するのにおすすめのVPNを以下の観点で解説しました。

  1. VPNが必要な理由
  2. 韓国のサービスをVPN経由で利用する方法
  3. おすすめの有料・無料VPN
  4. 韓国向けのVPNを選ぶときのポイント

VPNを利用すれば、韓国の音楽番組やドラマをリアルタイムで視聴できるなど、韓国のサービスを存分に楽しめます。

また韓国のサービスを利用する以外に、Wi-Fiのセキュリティ向上やビジネスシーンでの情報漏えい防止など、VPNはさまざまなシーンで役立ちます。

韓国のサービスでの利用をきっかけに、多種多様なシーンでVPNを活用してみてください。

韓国サービスの利用におすすめのVPN

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

レイテラスのアバター レイテラス 代表社員

「品川駅」から徒歩9分、京急線「北品川駅」から徒歩3分の貸し会議室・レンタルスペースです。都会の木陰で高めあうシゴト時間に活用ください。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

タップできる目次