レイテラスでバーチャルオフィス提携開始

Asanaの利用シーンや使われ方、メリット・デメリットを解説します

プロジェクト管理ツールといえば「Backlog」「Redmine」「Wrike」「JIRA」「Trello」「Asana」などさまざまあります。

しかし、サーバーを用意しての環境構築が専門的だったり、プロジェクト規模に合わないなど、プロジェクト管理ツールの選定はとても難しいものです。

今回ご紹介するAsanaは、いま一番トレンドのプロジェクト管理ツールといっても過言ではありません。

最新サービスと連携でき、自動化機能も備えているので、使いこなすと大幅に管理コストを抑えられ、中~大規模プロジェクトにおすすめのプロジェクト管理ツールです。

タップできる目次
レイテラス(Ray Terrace)
コワーキングスペース
「品川駅」から徒歩9分、京急線「北品川駅」から徒歩3分のコワーキングスペース・貸し会議室です。都会の木陰で高めあうシゴト時間に活用ください。

Asanaは小~中規模のプロジェクトにおすすめのプロジェクト管理ツール

Asana(アサナ)は、Facebookの共同創業者のDustin Moskovitzと元エンジニアのJustin Rosensteinが、2008年に創設したAsanaのワークマネジメントツールです。

2015年に大幅なリニューアルを実施してから今日まで、非常に優れたインターフェイスで人気を集めています。

もしプロジェクト管理ツールを導入する際、Backlogを推す人がいなければ、無料で使えるAsanaを選択するといいでしょう。

サービス名 Backlog Microsoft-To-Do Todoist チームハック Trello Jotto Notion Evernote Business ClickUp monday.com Wrike Zenhub Jira Redmine Asana
規模感 個人または小規模のプロジェクト向け 個人または小規模のプロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から大規模プロジェクト向け 小規模から大規模プロジェクト向け 小規模から大規模プロジェクト向け
価格 ¥0/¥2,400/¥11,800/¥19,800/¥50,000 無料 ¥0/¥338/¥558 ¥0/¥1,200/¥1,500 無料(有料プランあり) ¥0/¥500/¥1,300 $0/$4/$8/$20 ¥0/¥600/¥1,100 $0/$5/$9 ¥0/¥900/¥1,100/¥1,800 $0/$9.80/$24.80 $0/$7.95/$12.45 1ユーザーあたり¥0/¥1,200/¥1,670 無料(サーバーの用意が必要) 1ユーザーあたり¥0/¥1,200/¥2,700
機能 バージョン管理やWikiや、ガントチャート、カンバン等多機能。 リスト方のタスク管理特化 リストやボード表示機能 ドキュメント管理やタイムトラッキング機能 カンバンがメイン。拡張機能等でガントチャートも可能。 カンバンやガントチャート カンバンやガントチャートなど多機能。 ドキュメント管理に長けている。 カンバンやガントチャートなど多機能。 カンバンやガントチャートなど多機能。拡張性も高い。 チャットや、ガントチャート等多機能。 スクラム開発特化 多機能かつ拡張可能 多機能かつ拡張可能 多機能かつ拡張可能
備考 日本の会社のサービス。導入しやすく、また使いやすい。 Microsoftのサービス。導入しやすく、また使いやすい。 導入しやすく、また非常にUIが良く、使いやすい。 国産のツールで使いやすい。作業時間の記録も残せる 無料が利点だが多人数やタスクが多いプロジェクト管理には不向き。 国産のツール。UI/UXはGoodpatchが担当 UIや機能が整理されていて非常に使いやすい。 ドキュメント管理ツールとしては古くから親しまれているツールです 非常に多機能でこれから日本でも広まる新しいプロジェクト管理ツール 非常に多機能で拡張性の高いプロジェクト管理ツール Wikiのように情報をまとめやすく、また情報の表示切り替えも優れている エンジニアチームに特化したプロジェクト管理ツール。GitHubとの親和性も高い。 比較的新しいサービスでUIが独特。ただし、ツールに使い慣れてない人は馴染みにくいのが難点。 昔から多くの企業で使われているツールで馴染みやすい。堅実だが環境構築や拡張性、保守など、メンテナンスコスト高め。 UI機能が非常に優れたサービス。独自の機能を搭載しているが、古いプロジェクト管理ツールに慣れている人には合わない傾向。
プロジェクト管理ツールの比較

次章ではメリット・デメリットという形でさまざまな特徴を紹介します。

Asanaのメリット

Asanaのメリットは、中規模プロジェクトにも耐えうる機能とそれを無料で運用できる点です。

ひとつずつ細かく解説します。

無料プランから用意されている

Asanaは15人までの少人数であれば、無料で使うことができます。

15人以上の場合も月10ドルほどで使用できます。

人数に合わせて予算を抑えつつプロジェクト管理ツールを使用しましょう。

プラン料金
Basic無料(15ユーザーまで)
Premium$9.99/月/ユーザー
Business$23.99/月/ユーザー
Enterpriseお問い合わせ
Asanaの料金プラン

有料プランだと、Premiumではタイムライン機能、Businessポートフォリオ機能等を使用することができます。

Enterpriseでは、営業担当者との優先サポートが付いてきます。

クラウドでデータ管理

今日のWebサービスの主流の1つである、Webベースの「SaaS(サース、Software as a Serviceの略語)」を採用しています。

SaaSとは、必要な機能を必要な分だけサービスで利用できるようにした、アプリケーションソフトウェアの形式です。

Redmineのように自分でサーバーを建てる必要がなく、技術的な知識がなくてもGoogleのようにサービスをすぐ利用することができます。

また利用者側も、Googleアカウントがあれば即座にプロジェクト管理ツールを使用することができます。

使いやすいUIメニュー・レイアウト

Asanaは、他のプロジェクト管理ツールより新しいツールにあたるので、UIメニューが分かりやすく、掴んでドラッグで動かせるなど、直感的な操作が可能です。

また、リスト形式やカンバン形式など、使用者の好みに合わせてUI表示を変化させることもできます。

公式ページを見れば、そのUIの便利さが分かりやすいです。

Asana独自の優れた機能がある

使いやすいUIが特徴のAsanaですが、オートメーション機能や(有料版から使える)タイムライン機能やポートフォリオ機能など、独自の優れた機能を搭載しています。

オートメーション機能とは、独自にルールを作り設定することで、毎日行うルーティンタスクなどが自動で処理できる機能です。

使いこなすと、手動で操作する手数が圧倒的に減らすことができ、プロジェクト管理コストを抑えることができます。

タイムラインと呼ばれる機能は、ガントチャートをよりインタラクティブに表示することができます。

プロジェクトのすべてを一目で確認できる素晴らしいリアルタイムビュー機能です。

ポートフォリオ機能は、1プロジェクトにフォーカスするのではなく、複数のプロジェクトの全体を俯瞰して見ることができる機能です。

会社全体のプロジェクト進行をひと目で把握できるのが魅力。

マルチデバイス対応

最新のプロジェクト管理にツールだけあり、Webブラウザ版だけでなくiOSやAndroidのアプリも用意されています。

PCだけでなく、スマートフォンやタブレットからもツールが使えるのが強みです。

外部ツールとの連携

Asanaは他のウェブサービスとの連携も簡単です。

Googleのサービスを始め、SlackやDropbox、GitHub、Instaganttなど、あらゆるサービスと情報の連携が可能です。

Asanaのデメリット

世界中の企業で使われているAsanaですが、もちろんメリットばかりではありません。

ウィークポイントだと感じられる部分を、デメリットとしていくつかピックアップしました。

人数が増えるとコストがかかる

Redmineと違い、15人を超えると有料プランに切り替えざるを得ません。

少人数では無料でプロジェクト管理できるものの、スケールする際は予算を獲得しなければならないという問題が発生します。

古いプロジェクト管理ツールに慣れている人には合わない傾向

Asanaはツール連携ができるので、現在ゲーム開発のプロジェクトなどでよく使います。

経験上、Redmineのなどの古いプロジェクト管理ツールに慣れている人は、Asanaの新しいUIに慣れず、拒否反応を示すことがあります。

新しいツールを導入するときには学習コストが必ず発生するため、ツールの適応能力が下がっている人たちのケアも必要になります。

ネットや書籍に知見が少ない

Asanaは新しいサービスであるため、書籍やネットでの知見が少ないです。

英語で調べたり、担当者に質問する必要が出てきます。

いずれは日本語でのネット知見も貯まると思いますが、まだまだ不足している状況です。

障害が発生すると使えなくなる

Webサービス特有の問題でもありますが、サーバーが万が一落ちた場合はAsanaは使えなくなります。

この点では、独自でサーバーを建てるRedmineに分があります。

とはいえ、Asanaのサーバーが落ちることはめったにありません。

まとめ

Asanaについて、メリット・デメリットなどをまとめました。

導入に際し、決め手になりうるメリットデメリットをまとめると以下のとおりです。

  • 無料のプランから用意されている
  • クラウドでデータ管理
  • 使いやすいUIメニュー・レイアウト
  • Asana独自の優れた機能がある
  • マルチデバイス対応
  • 外部ツールとの連携
  • 人数が増えるとコストがかかる
  • 古いプロジェクト管理ツールに慣れている人には合わない傾向
  • ネットや書籍に知見が少ない
  • 障害が発生すると使えなくなる

オートメーションやサービス連携できるのが魅力のAsanaです。

自動化することで、プロジェクト管理ツールの管理コストが大幅に下がります。

最新の機能を使いこなしたい場合におすすめのプロジェクト管理ツールです。

公式サイト

https://asana.com/ja

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

- 品川・北品川のコワーキングスペース -

屋内にありながら明るい屋外テラスの内装をイメージして作りました。

緑にあふれる落ち着いた空間で仕事してみませんか?

この記事を書いた人

すいみんのアバター すいみん フリーランスデザイナー

技術的なことが好きなゲームのお仕事をしているCGデザイナーです。 月間27万pvの当ブログ『CGメソッド』運営

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる