バーチャルオフィス提携開始

チームハックの利用シーンや使われ方、メリット・デメリットを解説します

teamhack

プロジェクト管理ツールといえば「Backlog」「Redmine」「JIRA」「Trello」「Asana」「Wrike」などさまざまあります。

ただし、プロジェクトの規模に合わない、サーバーを用意しての環境構築が専門的、課金しないと機能が不充分と、ぴったり合ったプロジェクト管理ツールの選定はとても難しいです。

今回ご紹介するチームハックは、国産でチームのタスクの生産性にフォーカスしたプロジェクト管理ツールです。

国産のサービスだけあって、日本語でわかりやくそして使いやすいです。

ちょっとした個人のタスクの管理から、小~中規模のプロジェクト管理におすすめのツールです。

タップできる目次
レイテラス(Ray Terrace)
コワーキングスペース
「品川駅」から徒歩9分、京急線「北品川駅」から徒歩3分のコワーキングスペース・貸し会議室です。都会の木陰で高めあうシゴト時間に活用ください。

チームハックは小~中規模のプロジェクトにおすすめのプロジェクト管理ツール

チームハックは、2014年にリリースされた、株式会社カタリストシステムが提供しているプロジェクト・ドキュメント管理ツールです。

複数のプロジェクトやタスクを管理できるだけでなく、タスクごとにチャットが付き、しっかりコミュニケーションをとってタスクをこなすという設計になっています。

また、タイムトラッキング機能も搭載し、見積と実際の工数が数字で管理できるようになっています。

少人数でプロジェクト管理するのであれば、このチームハックをおすすめします。

サービス名 Backlog Microsoft-To-Do Group Task Stock Todoist チームハック Taskworld Trello Jotto Notion Aipo ClickUp monday.com Wrike Zenhub Jira Redmine Asana
規模感 個人または小規模のプロジェクト向け 個人または小規模のプロジェクト向け 個人または小規模のプロジェクト向け 個人または小規模のプロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から大規模プロジェクト向け 小規模から大規模プロジェクト向け 小規模から大規模プロジェクト向け
価格 ¥0/¥2,400/¥11,800/¥19,800/¥50,000 無料 ¥0/¥310/8,500 ¥0/¥1,980/¥3,480/¥6,480 ¥0/¥338/¥558 ¥0/¥1,200/¥1,500 ¥1,050/¥2,300 無料(有料プランあり) ¥0/¥500/¥1,300 $0/$4/$8/$20 ¥350/¥400/¥610 $0/$5/$9 ¥0/¥900/¥1,100/¥1,800 $0/$9.80/$24.80 $0/$7.95/$12.45 1ユーザーあたり¥0/¥1,200/¥1,670 無料(サーバーの用意が必要) 1ユーザーあたり¥0/¥1,200/¥2,700
機能 バージョン管理やWikiや、ガントチャート、カンバン等多機能。 リスト方のタスク管理特化 リスト方のタスク管理特化 ドキュメント管理やタスク・メッセージ時機能 リストやボード表示機能 ドキュメント管理やタイムトラッキング機能 カンバンがメイン。チャットツールも搭載 カンバンがメイン。拡張機能等でガントチャートも可能。 カンバンやガントチャート カンバンやガントチャートなど多機能。 カレンダー機能が非常に便利 カンバンやガントチャートなど多機能。 カンバンやガントチャートなど多機能。拡張性も高い。 チャットや、ガントチャート等多機能。 スクラム開発特化 多機能かつ拡張可能 多機能かつ拡張可能 多機能かつ拡張可能
備考 日本の会社のサービス。導入しやすく、また使いやすい。 Microsoftのサービス。導入しやすく、また使いやすい。 月額310円の低コストのタスク管理ツール Evernoteライクなドキュメント・タスク管理ツール 導入しやすく、また非常にUIが良く、使いやすい。 国産のツールで使いやすい。作業時間の記録も残せる 基本的な機能はすべてそろっているが、有料 無料が利点だが多人数やタスクが多いプロジェクト管理には不向き。 国産のツール。UI/UXはGoodpatchが担当 UIや機能が整理されていて非常に使いやすい。 各種社内ツールも充実している 非常に多機能でこれから日本でも広まる新しいプロジェクト管理ツール 非常に多機能で拡張性の高いプロジェクト管理ツール Wikiのように情報をまとめやすく、また情報の表示切り替えも優れている エンジニアチームに特化したプロジェクト管理ツール。GitHubとの親和性も高い。 比較的新しいサービスでUIが独特。ただし、ツールに使い慣れてない人は馴染みにくいのが難点。 昔から多くの企業で使われているツールで馴染みやすい。堅実だが環境構築や拡張性、保守など、メンテナンスコスト高め。 UI機能が非常に優れたサービス。独自の機能を搭載しているが、古いプロジェクト管理ツールに慣れている人には合わない傾向。
プロジェクト管理ツールの比較

次章ではメリット・デメリットという形でさまざまな特徴を紹介します。

チームハックのメリット

チームハックのメリットは初見でも瞬時にわかる、使いやすいUI無料で運用できる点です。

ひとつずつ細かく解説します。

無料のプランから用意されている

チームハックは、1人までなら無料で全ての機能を使用することができます。

現在リモートワーク支援アップデートに対応し、すべての機能が無料で使うことができます(※数の制限あり)。

スクロールできます
プラン月額料金月額料金(年間契約)
お試しプラン無料無料
ビジネスプラン1,200円1,000円
フリーランスプラン1,500円1,250円
チームハックの料金プラン

クラウドでデータ管理

チームハックのデータはすべてクラウドで同期されており、アカウント登録さえすれば、すぐに始められます。

インターネットでブラウザーを開ける環境であれば、モバイルからでもタスクを確認することが可能です。

国産のわかりやすいUI

チームハックは国産のサービスです。

海外のツールありがちな、謎の日本語もいっさいありません。

UIは日本語でわかりやすい文言になっています。

また、日本語のドキュメントも充実し、日本語でお問い合わせもできますので、管理ツールが初めての方も安心して使用することができます。

ドキュメント機能

チームハックはタスク管理だけでなく、ドキュメント管理もできます。

プロジェクトを選択してドキュメントのタブを開くと、メモできるスペースにアクセスできます。

また、マークダウン記法にも対応しており、エンジニアをはじめ記述に慣れている方は、高速でドキュメント作成することも可能です。

ドキュメントを残しておくことで、途中から参加したメンバーもどこに何があるのか情報を残すことができます。

タスク別のチャット機能

チームハックはタスクごとにチャット機能がついています。

必要な情報だけタスクに残る設計になっているので、別のチャットツールを使う必要はありません。

このチャット機能を使う前提でプロジェクト管理を使えば、後で紹介するタイムトラッキング機能と合わせて、情報管理を一元化することも可能です。

タイムトラッキング機能

チームハックの特徴であるタイムトラッキング機能。

タスクの状態をただ作業中に変更するだけでなく、しっかり時間も計測されます。

管理者はプロジェクトを選択して、集計のタブからすべてのタスクの時間の経過を閲覧することができます。

タイムトラッキング機能を使いこなすことで、チームや個人の生産性を算出することができ、長期的なタスクの見積りもより正確に出せる可能性があります。

チームハックのデメリット

新しいプロジェクト管理ツールであるチームハックですが、もちろんメリットばかりではありません。

デメリットもいくつかピックアップしました。

複数人で使用する場合は有料

1人までは無料でフルに機能を使うことができますが、複数人の場合は有料版が必要です。

お試し版を試してみて、気に入れば有料版に切り替えましょう。

有料版は、5人からの使用が前提のプランになっています。

機能が足りない可能性がある

チームハックは基本的に、このサービスですべてのプロジェクト管理をすることが前提の設計です。

GoogleやSlack、ChatWorkなどのサービスと連携するAPI等は一切ありません。

また、機能の拡張もできないので、カスタマイズ性は弱いサービスになっています。

障害が発生すると使えなくなる

クラウドサービス特有の問題でもありますが、サーバーが万が一落ちた場合はチームハックは使えなくなります。

また基本的にブラウザーからの使用しかできず、iOSやAndroidのアプリ版はありません。

したがって、モバイルやタブレットからの操作にはすぐれていないといえます。

まとめ

チームハックについて、メリット・デメリットなどをまとめました。

導入に際し、決め手になりうるメリット・デメリットをまとめると以下のとおりです。

  • 無料のプランから用意されている
  • クラウドでデータ管理
  • 国産のわかりやすいUI
  • ドキュメント機能
  • タスク別のチャット機能
  • タイムトラッキング機能
  • 複数人で使用する場合は有料
  • 機能が足りない可能性がある
  • 障害が発生すると使えなくなる

国産でタスク管理とドキュメント管理ツールができるサービスがチームハックの魅力です。

特にタイムトラッキング機能に力を入れており、数字で管理できるのも魅力です。

気になった方は是非試してみてください。

公式サイト

https://teamhack.io/

 

teamhack

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

- 品川・北品川のコワーキングスペース -

屋内にありながら明るい屋外テラスの内装をイメージして作りました。

緑にあふれる落ち着いた空間で仕事してみませんか?

この記事を書いた人

すいみんのアバター すいみん フリーランスデザイナー

技術的なことが好きなゲームのお仕事をしているCGデザイナーです。 月間27万pvの当ブログ『CGメソッド』運営

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる