レイテラスでバーチャルオフィス提携開始

Notionの利用シーンや使われ方、メリット・デメリットを解説します

プロジェクト管理ツールといえば「Backlog」「Redmine」「JIRA」「Trello」「Asana」「Wrike」などさまざまあります。

しかし、プロジェクト規模に合わない、環境構築が専門的、課金しないと機能が不充分など、ぴったりあったプロジェクト管理ツールの選定はとても難しいものです。

今回ご紹介するNotion(ノーション)は、ここ最近の情報管理ツールとして、IT系の仕事をしている方によく使用されている注目のプロジェクト管理ツール。

無料ですぐに使いこなすことができるだけでなく、非常に多機能かつユニークなタスク管理ツールです。

ちょっとした個人のタスクの管理から、小規模のプロジェクト管理におすすめのツールです。

タップできる目次
レイテラス(Ray Terrace)
コワーキングスペース
「品川駅」から徒歩9分、京急線「北品川駅」から徒歩3分のコワーキングスペース・貸し会議室です。都会の木陰で高めあうシゴト時間に活用ください。

Notionは小~中規模のプロジェクトにおすすめのプロジェクト管理ツール

Notionは2018年6月にリリースされ、タスク・Wiki・データーベース・メモなどをそなえ、かなり多機能のプロジェクト管理ツールです。

情報を階層化してまとめやすいだけでなく、カンバンやタイムライン(ガントチャート)など、さまざまなビューに変化でき、プロジェクト管理にも便利な機能が付いているツールです。

個人・少人数でプロジェクト管理するのであれば、このNotionをおすすめします。

サービス名 Backlog Microsoft-To-Do Todoist チームハック Trello Jotto Notion Evernote Business ClickUp monday.com Wrike Zenhub Jira Redmine Asana
規模感 個人または小規模のプロジェクト向け 個人または小規模のプロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から中規模プロジェクト向け 小規模から大規模プロジェクト向け 小規模から大規模プロジェクト向け 小規模から大規模プロジェクト向け
価格 ¥0/¥2,400/¥11,800/¥19,800/¥50,000 無料 ¥0/¥338/¥558 ¥0/¥1,200/¥1,500 無料(有料プランあり) ¥0/¥500/¥1,300 $0/$4/$8/$20 ¥0/¥600/¥1,100 $0/$5/$9 ¥0/¥900/¥1,100/¥1,800 $0/$9.80/$24.80 $0/$7.95/$12.45 1ユーザーあたり¥0/¥1,200/¥1,670 無料(サーバーの用意が必要) 1ユーザーあたり¥0/¥1,200/¥2,700
機能 バージョン管理やWikiや、ガントチャート、カンバン等多機能。 リスト方のタスク管理特化 リストやボード表示機能 ドキュメント管理やタイムトラッキング機能 カンバンがメイン。拡張機能等でガントチャートも可能。 カンバンやガントチャート カンバンやガントチャートなど多機能。 ドキュメント管理に長けている。 カンバンやガントチャートなど多機能。 カンバンやガントチャートなど多機能。拡張性も高い。 チャットや、ガントチャート等多機能。 スクラム開発特化 多機能かつ拡張可能 多機能かつ拡張可能 多機能かつ拡張可能
備考 日本の会社のサービス。導入しやすく、また使いやすい。 Microsoftのサービス。導入しやすく、また使いやすい。 導入しやすく、また非常にUIが良く、使いやすい。 国産のツールで使いやすい。作業時間の記録も残せる 無料が利点だが多人数やタスクが多いプロジェクト管理には不向き。 国産のツール。UI/UXはGoodpatchが担当 UIや機能が整理されていて非常に使いやすい。 ドキュメント管理ツールとしては古くから親しまれているツールです 非常に多機能でこれから日本でも広まる新しいプロジェクト管理ツール 非常に多機能で拡張性の高いプロジェクト管理ツール Wikiのように情報をまとめやすく、また情報の表示切り替えも優れている エンジニアチームに特化したプロジェクト管理ツール。GitHubとの親和性も高い。 比較的新しいサービスでUIが独特。ただし、ツールに使い慣れてない人は馴染みにくいのが難点。 昔から多くの企業で使われているツールで馴染みやすい。堅実だが環境構築や拡張性、保守など、メンテナンスコスト高め。 UI機能が非常に優れたサービス。独自の機能を搭載しているが、古いプロジェクト管理ツールに慣れている人には合わない傾向。
プロジェクト管理ツールの比較

次章ではメリット・デメリットという形でさまざまな特徴を紹介します。

Notionのメリット

Notionのメリットは、豊富なブロックとデータベースと呼ばれるさまざまなビューといった多機能な点です。

ひとつずつ細かく解説します。

無料のプランから用意されている

Notionはで無料で使うことができます。

複数人での編集や権限の付与は、有料プランから使用できるようになります。

プラン月額料金
Personal$0
Personal Pro$4
Team$8
Enterprise$20
Notionの料金プラン

次にNotionの無料・有料プラン比較です。

Notionを最大限に生かすのであれば、Teamの有料プランにすることをおすすめします。

項目PersonalPersonal ProTeamEnterprise
メンバー1人1人無制限無制限
バージョン管理×
タイムライン上限335無制限
管理権限××
新機能の早期使用×××
Notionの無料・有料プラン比較

クラウドでデータ管理、マルチデバイス対応

Notionは、WindowsやMacといったPC版だけでなく、iOSやAndroidのアプリ版もあります。

すべてクラウドでデータが同期されていますのでPCやタブレット、携帯などさまざまなデバイスから情報を確認することが可能です。

Googleアカウントがあれば、すぐにでもプロジェクトの作成ができます。

マークダウンに対応したブロックエディタ

Notionは、エンジニアのドキュメント作成でおなじみのマークダウン方式で記述できます。

また、ブログ作成で有名なWordPressのように、ブロックエディタ方式でさまざまな方式で記述することもできます。

  • 見出し
  • 箇条書き
  • 強調
  • 囲い込み
  • 目次
  • ぱんくず
  • 引用
  • アコーディオン
  • メンション
  • 画像・動画・音声・ファイルデータの埋め込み
  • コード
  • ブログカード

6種類のビュー表示の切り替え

データベースと呼ばれる、6種類のビュー表示の切り替えができます。

  • リスト
  • カレンダー
  • テーブル
  • ボード
  • タイムライン
  • ギャラリー

情報の状態を切り替えられるので、タスクやプロジェクト管理に非常に有効です。

豊富なテンプレート

新しいページを作成する際に、Templateと呼ばれるメニューがあります。

用途別にソートされた膨大な数な数のテンプレートで、ページを即座に作り込むことが可能です。

自作のテンプレートも追加することもできます。

様々なサービスのデータをインポートできる

Notionは他のサービスとの接続やデータのインポートもできます。

Notionは情報管理、タスク管理の両方がこなせるので、データを一元化しても良いでしょう。

Notionのデメリット

新しいプロジェクト管理ツールであるNotionですが、もちろんメリットばかりではありません。

デメリットもいくつかピックアップしました。

UIが英語

Notionは、まだローカライズされていないツールで、UIが英語のままです。

2021年内に日本語表示できるアナウンスがありますので、アップデートを待ちましょう。

有料じゃないと複数人で編集できない

Notionは便利であるものの、複数人でページの編集やプロジェクト管理するのであれば有料版にするしかありません。

無料版で充分に検証して採用するのであれば、有料版に切り替えましょう。

多機能すぎて、編集が大変

NotionはWordPressのように、素晴らしい見た目のページや優れた情報を持つページを作成できますが、編集の熟練度が必要です。

記事編集に慣れている人はいいのですが、慣れていない人は一定のクオリティのページを作成するのにコストがかかります。

まとめ

Notionについて、メリット・デメリットなどをまとめました。

導入に際し、決め手になりうるメリット・デメリットをまとめると以下のとおりです。

  • 無料のプランから用意されている
  • クラウドでデータ管理、マルチデバイス対応
  • マークダウンに対応したブロックエディタ
  • データベースと呼ばれる様々なビュー表示の切り替え
  • 豊富なテンプレート
  • 様々なサービスのデータをインポートできる
  • UIが英語
  • 有料じゃないと複数人で編集できない
  • 多機能すぎて、編集が大変

情報を集約し、さまざまなビューで表示できるがNotionの魅力です。

プロジェクト管理ツールとしてだけでなく、Wikiとしても使えるので、まだ使ったことがない方はぜひ使用してみてください。

公式サイト

https://www.notion.so/

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

- 品川・北品川のコワーキングスペース -

屋内にありながら明るい屋外テラスの内装をイメージして作りました。

緑にあふれる落ち着いた空間で仕事してみませんか?

この記事を書いた人

すいみんのアバター すいみん フリーランスデザイナー

技術的なことが好きなゲームのお仕事をしているCGデザイナーです。 月間27万pvの当ブログ『CGメソッド』運営

コメント

コメントする

タップできる目次
閉じる